1. TOP
  2. インスタグラムの投稿写真でうつ病を診断!?ハーバード大が研究

インスタグラムの投稿写真でうつ病を診断!?ハーバード大が研究

 2017/10/11 うつ病 うつ病ニュース
この記事は約 3 分で読めます。 9 Views
インスタグラムの写真

誰でも何かをきっかけに、落ち込む、眠れない、食欲不振など「うつ状態」を経験する。しかしどこまでが普通の反応で、どこから「うつ病」なのだろう。個別の条件が複雑すぎて専門医でも一線を引くことは難しい。

 それではビッグデータから、うつ病に特有のパターンを見いだせないだろうか。

 先日、写真や動画を共有するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の投稿写真を利用し、投稿者がうつ病かどうかを推測するプログラムの検証が行われた。

 米ハーバード大学の研究グループによるもので、対象はSNSの「インスタグラム」のデータと病歴の公開に同意したSNSユーザー166人と、彼らが投稿した4万3950枚の写真だ。

 対象者のうち71人にうつ病の病歴があり、写真の色みや顔写真の投稿パターンから、発症以前に投稿した写真に共通する傾向が見つかっている。

 たとえば、プレうつ病・インスタグラマーの投稿写真は、青みや灰色が勝った暗い色調が多い、画像を加工する際に「インクウェル(モノクロ風フィルター)」を好み、逆に写真の色みを華やかに加工する「バレンシア」を使用しない、などの傾向が認められた。このほか、投稿頻度が多い、人物写真の投稿を好むが、写っている人物は少ない傾向がある、なども示されている。

 本研究で使われたプログラムによるうつ病の検出率は70%だった。一般に非専門医が診断した場合、うつ病の誤診率はおよそ50%とされており、同プログラムの精度が勝ったわけだ。研究者は「このプログラムは、非専門医の診断を補助し得るだろう」としている。

 同プログラムの特徴は、投稿写真と投稿頻度のみでポジティブかネガティブかを判断する点だ。性別や年齢、社会生活の影響に配慮しない点は、ある意味で合理的な検出法なのかもしれない。

 

インスタグラムの投稿に限らず、フェイスブックやツイッターでの投稿にも同じ事が言えそうですよね。

私もうつ病になってから、明るい色が苦手になりました。

見ているだけでチカチカする感じがして、神経が過敏になっているんだと思います。

 

モノクロの写真を好む事はないですが、青色は確かに心が落ち着くかもしれません。

 

この記事でうつ病患者のインスタグラムの特徴で、もう一つ指摘されているのが、「人物写真の投稿を好むが、写っている人物は少ない傾向がある」事です。

実際に外に出かける事が難しくなるうつ病では、当たり前かもしれませんね。

 

人混みが苦手なので、投稿する写真の自ずと人数が少ないものになるのでしょう。

うつ病の検出率が専門医よりも高い事は驚きですよね。

 

もちろん、確定出来るものではないでしょうが、うつ病の予防や参考資料には十分なりそうな気がします。

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

インスタグラムの写真

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。

Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。

現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。

コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。