うつ病に支配された「負け犬人生」を

 終わらせませんか?

電気けいれん療法・うつ病・障害年金の相談や質問などはこちらからどうぞ!

お申込みはこちらから

 

こんにちは、辻田哲(つじた さとし)です。

初めに1つ質問をさせて下さい。

 

あなたは、このままうつ病に支配されたまま「負け犬人生」を送りたいですか?

 

失礼な事を言っているのは、十分承知しています。

しかし、あなたは何年も薬物治療をして、その間に数えきれない種類の薬を試してきましたよね?

それでも、うつ病の症状は改善されない。

 

何か治療法を変えない限り、あなたは負け犬として、これからも苦痛に満ちた人生を送るしかないのです!

 

私は8年前にうつ病を発症して、その後6年間に渡り地獄のような苦しみを味わい続けました。

 

大げさではなく、うつ病を甘く見ていると、全てを失います。

全てです!

あなたがこれまで築き上げてきた全て・・・

  • お金
  • 仕事
  • 家族
  • 親友
  • 社会的地位
  • 健康

 

そして、あなたに残されるのは、

  • 不安
  • 貧困
  • 希死念慮
  • 絶望
  • トイレに行く事さえ、満足に出来ないあなたの体

だけです。

 

そして、最後は強い希死念慮によってあなたの命すら奪い去るかもしれません!

 

これは脅しでもなんでもなく、私が身に染みてこれまで経験してきたからです。

 

8年前の秋、私たち夫婦は待望の第一子である息子を授かりました。

しかし、誕生した喜びもつかの間、医師から告げられた言葉は非情なものでした。

「あなたのお子さんは、長くても2日間しか生きられません」

 

 

先天性の横隔膜ヘルニア、それもかなりの重症だったのです。

「なぜ、産まれるまで分からなかったんだ!」

「なぜ、もっと精密検査を受けさせなかったんだろう」

「なぜ、息子にだけこんな酷い仕打ちをされなければいけないんだ!」

 

後悔と悔しさ、絶望に打ちひしがれながらも、MICUにいる息子のそばで、

産まれたら子守歌代わりに歌ってあげようと決めていたディズニーの歌を何度も何度も繰り返し聞かせてあげました。

ひたすら奇跡が起きる事だけを祈って。

 

しかし、現実はあまりにも残酷です。

医師に言われた通り、息子は産まれてから僅か2日で、その生涯を終えたのです。

 

私の人生の歯車が狂い始めたのは、この時からです。

息子を失って1か月もすると、心が引き裂かれそうな苦しみに耐えられなくなりました。

 

うつ病【地獄の始まり】です。

 

それから6年間、私は投薬治療、カウンセリングを積極的に行いました。

 

もちろん、サラリーマンで家族がいれば、誰だって「うつ病なんかでいつまでも休んでいられない」

そう思いますよね?

仕事をしないと家族が困る。

しんどくても、何とか働かないといけない!

 

それに「うつ病は心の風邪」だから、心を鍛えれば何とでもなるものだ!

そう自分に言い聞かせて、

「少し回復したら無理をして、悪化させる」

の悪循環に陥っていったのです。

 

知らず知らずのうちに、うつ病と言う悪魔は、次第に私を飲み込んでいきました。

気が付けば、体はボロボロになり、仕事を失い、妻とは離婚寸前、友人とも連絡が取れなくなり、お金は底をつき、近所の人は昼間から働いていない私を不審者だと思っていました。

 

そして、私は最後の決断をしたのです。

「もう、死のう・・・」

出来る事は全てやった。

悔しいけれど、これがオレの人生なんだ。

 

そして、首にロープを巻いて、自殺未遂をしました。

 

異変に気が付いた妻が、意識を失っている私の首に巻き付いているロープをハサミで切り、

何度も顔を引っぱたいて、数分後私はようやく目を覚ましました。

 

首には無残な跡が残り、内臓の機能が一時的に停止したため、糞尿を垂れ流している状態でしたが、

奇跡的に後遺症もなく、一命を取り留めたのです。

 

41歳「ニート・引きこもり」から人生大逆転!

電気けいれん療法との出会い

 

当時の私は

  • 41歳にして無職で収入ゼロ
  • 妻とは離婚の危機
  • 友達の多くを失っていた
  • 住宅ローンの返済も残っている

 

なによりも自殺未遂をする程、重度のうつ病でトイレに行くのが精いっぱいの状態でした。

頭の中は霧がかかったように気持ち悪く、思考力も判断力も脳の全ての機能がガタガタです。

仕事がないだけでなく、将来的にも到底働くことさえ出来ない体。

 

41歳にして、精神障害者でニートの引きこもりです。

将来に夢も希望もなく、絶望と言う言葉しか頭の中にはありませんでした。

家族を守るどころか、完全にお荷物です。

「41歳にして万策尽きた。人生詰んだな・・・」

そんな言葉を吐いていました。

 

 

しかし、自殺未遂をしたことを報告した時の、主治医の一言から人生が激変します!

「電気けいれん療法を受けてみるか?」

 

電気けいれん療法と言う治療は良く知らなかったですが、私には暗闇に唯一照らされた光だったので、迷わず
「はい、受けます!」
と返答しました。

それから紹介状を書いてもらい、大阪府高槻市にある「大阪府立精神医療センター」で電気けいれん療法を受ける事になりました。

しかし、私が受けた電気けいれん療法は想像以上に大変な治療でした。

まず、入院したのが閉鎖病棟。
うつ病患者だけではなく、統合失調症や認知障害、躁うつ病の人たちの中で生活しなければいけません。当然みんな重症患者なので、まともな会話が出来る人など一人もいません。

更に、電気けいれん療法を受けるにはそれまで服用していた薬が飲めなくなります。
ただでさえ、不安と恐怖が入り混じっている精神状態に拍車がかかりました。

 

  • 寝れない
  • 息苦しい
  • 不安で押しつぶされそうになる

 

そんな日々との闘いでした。

また、2回目の電気けいれん療法を受けた次の日には、副作用として記憶を失いました。
家族の顔や名前は憶えているのですが、治療を受ける数年間の記憶の半分くらいは失われました。

 

主治医からは、
「治療が終わって2,3週間もすれば、記憶は戻るから、大丈夫ですよ」
と言われましたが、実際に記憶を失った私にしてみれば、無くなった記憶が戻るなんてどう考えても信じられませんでした。

 

1クール、全部で10回の電気けいれん療法を受けましたが、記憶を失ってからは、麻酔をかけられる瞬間は毎回死を覚悟しなければいけませんでした。
「もう目を覚まさないかもしれない」
「目が覚めても気が狂っているかもしれない」
「生きていても、重度の後遺症が残っていても不思議じゃない」
まさに、人体実験や拷問をされる気持ちだったのです。

 

しかし、私の心配をよそに、うつ病は大きく改善していきました。

就労支援センターに通っていたのを中断して、治療を受けていましたが、治療が完了した翌日には再び就労支援センターに通い始める事が出来ました。
そして、そのビルの屋上でそれまで見たことがない景色が広がっていたのです!

  • 空は青く澄んで、
  • 心地よい風が肌を吹き抜け
  • 花は綺麗に咲いて

 

全てが輝いて見えたのです。

缶コーヒーを片手に、タバコに火を付けて一休みしたのですが、

コーヒーもタバコも、過去に口にしたものとはまるで別物でした。

 

もちろん、景色もコーヒーもタバコもそれまでと何も変わっていません。

 

私自身が変わったのです!
6年間うつ病と戦っていた私の心身は想像以上に疲弊していて、五感は完全に鈍っていたのです。

 

もちろん、その後も辛いことはありました。
精神障害者として就職活動をしましたが、想像以上にうつ病に対する偏見はひどく、困難を極めました。
ようやく正社員を前提に入社する事が出来た会社も、2か月働くとうつ病が再発してしまい、休職するはめになりました。

 

しかし、状況はそれまでとは全く異なるものでした。

 

再発したと言っても、以前と比べるとはるかに楽ですし、2か月程休むと休職する前よりも体調は良くなっていました。
また、副業で始めたアフィリエイトと言う、インターネットビジネスもしばらくすると波に乗り出しました。

 

そして、現在では

 

  • 月に1回通院はしているものの、うつ病は寛解。
  • アフィリエイトで月に40~60万円の収入
  • 障害者としての仕事も続けています
  • 障害厚生年金は月に15万7793 円もらっています(今年でなくなりますが)
  • 週末は娘の行事に積極的に参加しています
  • 趣味の海外旅行(グアム)も年に2回は行くようになりました
  • 長年音信不通になっていた古い友人とも、飲みに行くようになりました
  • 毎日ウォーキングで汗を流しています
  • 久しぶりにテニスも楽しみました。
  • 先日、妻には5年ぶりにネックレスをプレゼントしました。

 

そして何より、妻と娘を心から愛せるようになったのです。

自分の子供を可愛いと思えるのは、当たり前ではありません。

私は娘が産まれてから5年間、心から可愛いと思ったことがなかったのです。

それこそが、うつ病の恐ろしさです。

まともな感情すらも奪い去ってしまう。

しかし、今の私は違います!

娘に自転車の乗り方や算数を教えて、毎日娘の笑顔に心癒されている一人の父親です。

 

これは、私のストーリーですが、あなたも私と同じように未来を取り戻すことが出来るはずです!

いいえ、苦しんだぶんだけ、以前よりも更に光り輝く生活を送れるようになるでしょう!

 

しかも、私は記憶を失い非常に怖い思いをしましたが、

最新の電気けいれん療法では、記憶障害のリスクなど副作用を最小限に抑える事が出来ます!

 

全てはコミュニティに

参加する事から始まります!

 

あなたが、うつ病に苦しみ希死念慮と戦いながら限界すれすれで何とか生きながらえている人生。

夢も希望もなく、「不安」と「絶望」しかない未来。

 

その暗雲に満ちた未来を大逆転させてみませんか?

 

私にはあなたが3か月後に、電気けいれん療法を受けて生き生きとした笑顔を見せているのがはっきりと見えます!

そして、1年後にはうつ病は寛解して、仕事もして、愛する人と共に力強く生きている姿が見えるのです!

 

なぜなら、私がその道しるべを作ることが出来るからです。

 

私はあなたと同じように長年うつ病に苦しんできました。

一時は、完解することはないとまで、主治医に言われていました。

しかし、うつ病を克服して、幸せな人生を歩んでいます。

 

そんな私だからこそ、あなたの苦しみを理解して、必要な道を作る手助けをすることが出来ます!

 

そのためのコミュニティを作りました。

 

うつ病で心身ともに疲弊して、長年薬物療法を試してきたけれど年々うつ病の症状はひどくなるばかり。

不安に押しつぶされそうな日々。

希死念慮が強く、いつ自殺未遂をしても不思議ではない精神状態。

 

そんな、あなたの未来を大逆転するためのコミュニティです!

 

コミュニティ内では、本当のあなたを取り戻すためのエッセンスが凝縮されています。

そして、あなたが電気けいれん療法を受けて、うつ病を改善するための全面サポートをします!

具体的には、

  • 電気けいれん療法とはどのような治療法で、どのような効果があり、どのような副作用があるか
  • 電気けいれん療法治療の流れ
  • 副作用のリスクが少ない最新電気けいれん療法を受ける病院選びのポイント
  • 電気けいれん療法を受ける前に準備しておきたい事
  • 入院治療が困難な場合の対処法
  • 治療費を安く抑えるための工夫
  • 電気けいれん療法を受けた後の再発を防ぐ方法
  • 障害年金2級の受給方法
  • 障害者手帳を取得するメリット
  • 精神障害者の求職状況
  • 精神障害者が就職を成功させる秘訣
  • あなたにも出来る副業「アフィリエイト」

 

です。

これらのカリキュラムを週に1回、10分から15分の動画でご説明していきます。

(動画配信期間は4ヶ月間を予定しています。)

 

また、コミュニティ内では、あなたと同じようにうつ病に苦しみ、電気けいれん療法で改善したいと心から願っている仲間とコミュニケーションを取ることが出来ます。

 

他にもうつ病の人が集まっているコミュニティはありますが、具体的にうつ病をどのように改善すれば良いか、うつ病が改善した後は、どのように仕事をすれば良いかを教えてくれるところはありません。

 

あなたが、本気でうつ病をやっつけたいと思うのであれば、

迷わず私のコミュニティに参加して下さい。

電気けいれん療法・うつ病・障害年金の相談や質問などはこちらからどうぞ!

お申込みはこちらから

 

 

入会して15日間は無料期間とさせて頂きます!入会完了後サービスがスタートします。

・お申込から15日後が決済日となります。

・お申込完了後サービスがスタートします。以後、定期配信となります。

・入会日を起算として1ヶ月毎の課金となります。

・退会時は、購入者様自身で退会処理を行って頂く必要がございます。

 

-医療関連商品についての注意書き-
当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

 

 

 

重度のうつ病から大逆転する方法すべてが

コミュニティの中にあります!

 

 

 

あなたが電気けいれん療法を受けて、うつ病を改善すれば、

これまで苦しんでいた全てから解放されます!

そうすれば、あなたは何をしたいですか?

 

  • 支えてくれた愛するパートナーを抱きしめて下さい!
  • 深呼吸を思いっきりして、生きている実感を噛みしめて下さい!
  • 長年音信不通になってしまった友人と、時間を忘れて語り・飲み明かしてください!
  • 子供みたいに、近所を思いっきり走り回って下さい!
  • カラオケで尾崎豊を思いっきり熱唱して下さい!
  • 【うつ病克服記念日】を作って、毎年パーティを開いて下さい!

 

そして、これまで我慢に我慢を重ねてきたあなた自身を大好きになって下さい!!

 

全ての始まりは、コミュニティに参加する事から始まります!

コミュニティに参加する事で、あなたは電気けいれん療法を受けるために必要な知識を身に着ける事が出来ます。

また、不安や恐怖を払拭し、安心して最新の電気けいれん療法を受ける事が出来ます。

 

 なぜ、電気けいれん療法なのか?

電気けいれん療法が日本で初めて行われたのは、1938年です。

その後、約80年に渡って様々なうつ病の治療法が生み出されては消えていきました。

しかし電気けいれん療法だけは、今なお、うつ病に効果が高い治療法として生き残っています。

また、この間に治療技術は進歩して、今では副作用のリスクを最小限に抑えた治療法が確立されています。

電気けいれん療法は厚生労働省が認可している保険診療で、高額療養費の対象になっているため、費用も抑える事が可能です。

電気けいれん療法ほど安全性が高く、即効性があり、有効率が高い治療法は日本中探しても他にないでしょう。

 

 有効率84.8%と言うのは本当か?効果が無い事もあるのか?

第104回日本精神神経学会総会の「近畿圏における電気けいれん療法の調査報告及び提言」で有効率は84.8%と報告されています。

有効率の内訳は、著効26.8%、かなり有効35.1%、少しは有効22.9%となっています。

中には無効と判断されたうつ病患者もいて、割合は13.3%です。

電気けいれん療法は、一般的に薬物療法で効果が芳しくなかったうつ病患者に適応されている事を考慮すると、かなり高い有効率と言えます。

 

 主治医から電気けいれん療法の話しを聞いたことがないのは何故か?

調査結果のグラフを見てお分かりのように、電気けいれん療法は、安全性・有効性・倫理性全て問題視されていません。

しかし、唯一「印象」だけ4割の病院で不良と回答されています。

うつ病患者が持っている漠然とした「恐怖」や「不安」「痛いのでは」といった印象が大きいために、心療内科やメンタルクリニックの医師が患者に勧めづらい状況になっているのです。

また、主治医が最新の電気けいれん療法に関する情報を収集出来ておらず、昔の恐怖感が大きいイメージを持っているために、勧めないケースもあるようです。

 

 最新の電気けいれん療法を受けられる病院は何処にあるのか?

この問いに個人で明確に答えられる人は、日本全国探しても私しかいないでしょう。

それもそのはずです。日本精神神経学会ですら正確に把握していないのですから。

私はインターネット上にある最新電気けいれん療法を受けられる全ての病院をリスト化しています。

このリストだけでも、5万円の価値があると私は思っています。

また、あなたの住んでいる都道府県に該当する病院のリストが無い場合は、私が病院探しのサポートも致します。

 

 電気けいれん療法はどの程度有効なのか?

電気けいれん療法に関する有効性は、84.8%と2008年の日本精神神経学会総会で報告されています。電気けいれん療法は、薬物療法での治療抵抗性が見られたうつ病患者に実施する事が一番多い事を考えると、非常に有効性の高い治療法と言えます。

 

 電気けいれん療法は、重度の後遺症が残るリスクがあるのでは?

電気けいれん療法は合計で6回から15回受ける事になります。

治療期間としては、平均で約1か月半になります。

全身麻酔をするので、リスクがゼロではありません。しかし、死亡したり重度の後遺症が残る可能性は5万分の1と言われています。

出産に伴うリスクよりも安全性が高い治療法です。

 

 電気けいれん療法を受けても改善しない事もあるのでは?

電気けいれん療法を受けた人の8割以上が改善すると言われていますが、無効だった人も13.3%います。

年齢を重ねている人の方が改善する可能性は高いのですが、これは若年層は、うつ病以外に他の精神的疾患も併発していることが多いからです。

純粋にうつ病だけを発症している人の改善率は更に高いと言えます。

 

 電気けいれん療法を受けても再発したら、受ける意味がないのでは?

インターネット上の情報を見ると、「電気けいれん療法は再発率が高い」「効果が持続しない」と書かれています。

これだけ読むと、受ける意味がないように思えます。

私の経験では、電気けいれん療法の効果は2年経過した今でも持続しています。明らかに脳の働きが改善されて、血流量が増えている実感があります。

しかし、同時に再発のリスクがある事も確かです。そのため、治療後もしばらくは維持療法と言って薬物治療や、継続ECTをする必要があります。

維持療法が上手くいけば、私のように完解させる事も十分可能です。

 

 うつ病以外にも電気けいれん療法は効果があるのか?

電気けいれん療法は、うつ病、躁うつ病、統合失調症に効果が高い治療法です。

薬物療法の反応が低い人でも高い効果が期待出来ます。

また、それ以外にもパーキンソン病の治療に用いられるケースもあります。

 

 電気けいれん療法を受けたいと思っても、主治医が反対する事はないのか?

電気けいれん療法は一般的に、薬物療法で思うような効果が出ない人に適用されます。

希死念慮が強かったり、拒食、脱水、低栄養の場合には1次治療として電気けいれん療法が選択されるケースが多くあります。

また、本人の意思も電気けいれん療法を受けるための重要な要因となります。

そのため、薬物治療で思うような効果が出ない、希死念慮が強いなどの条件に加えて、あなた自身が電気けいれん療法を希望する事で、治療を受けられる可能性は高くなります。

 

 障害年金2級を受給するのは難しいのでは?

障害年金2級を受給する大前提として、それに該当する症状があるか、初診日から1年半経過しているかがあります。

しかし、上記の2点に該当していても多くのうつ病患者は2級を受給できずにいます。

その理由として、

①あなたの症状を的確に主治医に伝えられていない

②主治医が障害年金の知識を持っていない

事が挙げられます。

コミュニティでは、どうすれば主治医にあなたの症状を正確に伝える事が出来るのか、どうすれば主治医に障害年金2級に該当する診断書を書いてもらえるのかをご説明致します。

 

 精神障害者になることに抵抗がある。

私も初めて精神障害者手帳を持った時は複雑な気持ちでした。

しかし、電気けいれん療法を受けたとしても、本当の意味での完解になるまでには1年程時間がかかると考えた方が良いでしょう。

その間は、障害者として国から援助を受けながら、あなたのペースで少しずつ慎重に回復させることが大切です。そして、もう配慮も必要ない、以前のようにフルタイムで正社員として働けると言う自信がついたら、役所に行って障害者と言う肩書を外しましょう。

焦って、何度も再発させるとせっかく受けた電気けいれん療法の意味がなくなります。

ゆっくり着実に前に進んでください!

 

電気けいれん療法・うつ病・障害年金の相談や質問などはこちらからどうぞ!

お申込みはこちらから

 

最新電気けいれん療法を受けた仲間からの

メッセージをご紹介します!

 

 

名前:垣副秀作
34歳
男性
病名:うつ病(疼痛性障害)
うつ病歴:2年4か月
両親、兄、私の計4人家族私は、24歳の頃から仕事が忙しくなり、転勤族となりました。3か月に一度程度に他県への異動、仕事だらけの毎日でした。

しかし、仕事が嫌いとかでなく、好きな仕事だったので、毎日がすごく充実していました。夜も寝ずに18時間程度仕事を行っていましたが、それほど疲れを感じることなく無我夢中で仕事を行いました。

そんな中で、仕事は結果が全て。仕事で結果が出せずに悩む毎日が始まりました。

当然、簡単に実績を上げれるような仕事なんてありませんし、時間があれば勉強し、結果と実績だけを求めてただひたすら、仕事と勉強を行いました。

もちろん、社内からはトップレベルと言われることもありプライドとの戦いになっていたことは今でも思いだします。
そんな仕事だらけの毎日を楽しんでいるときに、今までは感じたことがない痛みを感じるようになりました。

その痛みは、内臓に出たり骨や関節にでたりと様々で痛み自体が流動しているのです。特にお腹など内臓が痛くなると動けないほどで、仕事を休む日が続きました。

ある病院に行き、体全身の精密検査を受けても結果は異状なし。

しかし、痛みは治まることなく、病院を変え検査を行っても異常なし。更に病院を変えて検査を行っても異常なし。仕事ができない苦しみと痛みはどんどん増していくばかりで、この先の人生を考えてしまう程でした。
一人暮らし、家で療養しても不安になるばかりで、精神的にも前を向いて歩くことができなくなり、実家に帰ることにしました。

実家に帰り家族を見ると少なからず、精神的には安定しましたが、痛みがなくなることはなく、1週間ほど経った頃、親父が探してくれた医大で再度体全身の精密検査を受けることになりました。

最終的な医大で原因が見つからなければ、この先一体どうすれば良いのか不安になりながら、検査を受けるとやはり医大でも反応が出ず、医師とお話ししながら、精神科に行くことを進められました。

 

精神科といえば私の中でそんなに良いイメージはなく、行くことに少し恥ずかしさもあり行ってもどうにもならないだろう、私の精神は安定しているしという思いが強い中、紹介された精神科に足を運ぶ事を決意しました。
精神科の医師にこれまでの経緯をお話し、カウンセリングを受けました。

これまでの仕事の疲れ、特に体ではなく、見えない場所の疲れが原因の可能性があり、この痛みは、精神的なうつ病から、神経に異常が出ている恐れがあるという診断を受けました。

私の中で疲れなんて感じたことがなかったのですが、会社からの期待感と成果と実績を上げなければならないという恐怖感とプライド、社員からみられる人物像など様々な点を考えるとそう判断されてもおかしくないと私自身感じました。

そこで、精神安定剤を頂き、様子を見ていきましょうという話で、薬療法を行う事になりました。

うつ病なんて信じられない気持ちからか、恐怖感を感じるようになり、夜は怖い夢ばかりで、逆に夜は寝れずにどんどん疲れがたまるばかりで痛みも和らぐことなく、何度も精神科に通うことになります。

薬の量を増やしたり、医師の判断に任せて色々と試行錯誤を行いましたが、反応はなく自殺まで考えるようになりました。

 

そんな私自身の思いを医師に伝えると、電気けいれん療法(ECT)を進められました。

初めてこの治療法聞いたときは、不安と恐怖と本当に大丈夫なのかという気持ちばかりでしたが、この治療にかける決意を行いました。

何をしてもダメならば、この電気けいれん療法を試すしかない。そんな思いでこの電気けいれん療法を受けることになりました。
電気けいれん療法を受けることになり入院することになりました。

予定では、2か月間で8回の電気けいれん療法を行うという事で、正直2カ月間の入院は長く感じましたが、今後の人生を考えると2カ月なんてあっという間と考えました。
精神科への入院という事で戸惑いもありましたが、一人部屋で机があり、トイレもお風呂も部屋についていてすごく清潔で綺麗なお部屋でしたので、パソコンと著書を持ち込みリフレッシュしながらゆっくりと自分のペースで生活を送ることができました。

一週間の間隔を置き、電気けいれん療法がスタートしました。療法の前日は、21時以降は絶食で、疲れなどたまらない様に、持ち込んだ荷物は回収され、部屋には何もない状態で外から鍵もかけられ、外にも出れない状況となります。

 

正直、逆に緊張感で寝れなくなったのは事実です。

しかし、時間と共に睡眠し、朝起きると、療法が行われる部屋まで、看護婦と一緒に歩いていきます。

部屋に入ると、心地よい音楽が流れており、4名程度の清潔なナースと医師がいます。ベッドに横になると点滴をさされ、そこから全身麻酔の注射を行います。

始めは本当に緊張しましたが、この部屋のリフレッシュでき清潔な空間は安心感を与えてくれます。

全身麻酔が体内に入る頃までは覚えているのですが、そこからは全く覚えもなく、気がつけば病室で目が覚めます。療法の後は、約半日間、激しい頭痛に襲われます。

頭痛薬を頂き飲みますが正直簡単に痛みはなくならず、時間と共に痛みが減少していきます。

一日経つと普段の自分に戻るわけですが、一回目の療法で少し体が楽になりました。

二回目、三回目と回数を繰り返すことによって、精神的にも体全身の痛みも楽になり、すべての8回を終えたころには、働いていた頃の自分の体に生まれ変わっていました。
この電気けいれん療法で怖いのは記憶がなくなる恐れがあるという事。

病院内で知り合った患者様で半年間の記憶がなくなったと言われる方もいましたが、私がなくなったのは、半日前のことなどで、時間と共にすぐに思いだす事もでき、それほど心配することはないのではと思います。

現に8回受けましたが、すべての記憶は残っているのが現状です。
電気けいれん療法の話を聞いたときは、そんな治療あるのか、話を聞けば恐ろしいイメージしかありませんでしたが、どんどん楽になる体と安定した精神状態になることで本当にすばらしい治療法だと思います。

人によっての差はあると思いますが、私にとっては充分に合う治療法でした。

退院して、すぐに仕事を始めました。

以前と同じように動ける体にビックリすると同時に、感謝しかありません。当然、この1クール8回の治療で完全に治ることは難しいと思います。

 

治療を受けてから8カ月ほどで痛みが再発致しました。

すぐに病院に行き、医師と相談して薬療法をとるのかまた電気けいれん療法を行うのか考えている所ではありますが、この療法がなくならない限り、もう少し悪くなったら受けようと少し安心でき、精神的にも落ち着かせることができます。

もちろん、継続的に行っていくことですべてを取り除けるものだと考えていますが、2か月間の入院という時間に悩まされる訳です。時間が大いにあるのならば継続的に行う事をお勧め致します。
これから、この療法を受ける方々、また迷っている方々がいると思いますが、本当に安心して受けることができる療法です。

その時の痛みや精神的な苦痛などからなかなか前向きなれずにいる方々もいると思いますが、本当の自分を取り戻し、明るい人生にしていく為に是非行ってほしいと思います。

必ずといって良いほど、受けてマイナスになることはありません。

うつ病として戦った苦しい時間をこの療法が治してくれたと私は思いますし、同じように苦しんでいる患者様へ一歩踏み出してみてくださいと伝えたいです。

 

 

うつ病コミュニティ

本当のあなたを取り戻す会

「Serapis

 

コミュニティ名は【Serapis」です。

今あなたが思っているあなた自身は、本当のあなたではありません!

 

大学時代を思い出してください。

仲間とはしゃぎ、恋をして、お金が無いながらもアルバイトで充実した日々を送っていたあの頃を!

本当のあなたは、もっと心が豊かで、落ち着き、自信に満ち溢れ、頭の回転も速い、多くの人から愛される、誇るべき人なのです!

 

コミュニティ名はそんな本当のあなたを取り戻したいと言う思いから命名しました。

そして、一つ気になっていることがあると思います。

有料コミュニティと言うからには、わずかですがお金を頂きます。

 

しかし安心して下さい。あなたの人生を取り戻すお金は月額にして僅か5000円だけです!

 

正直、コミュニティを運営していく費用、専門家に執筆してもらう費用を考えると、月額5000円と言うのはギリギリの金額です。

しかし、たくさんのうつ病に苦しむ人を救いたい。

そして、たくさんの人がコミュニティを活用する事で、お互いに支え合い励まし合う最高の環境を提供したいとの思いから、月額5000円と言う最低限の金額にする事を決断しました。

 

そして、コミュニティに参加している期間は、無制限に私と直接メールのやり取りをする事が出来ます。

可能な限り、あなたのご質問にお答えしていきたい思います。

 

医療行為は実施できませんが、電気けいれん療法、障害年金、障害者の求職、副業についてなど不明な点を解消して、着実にうつ病を改善していく手助けを致します!

 

 

あなたにリスクは負わせません!

 

月額5000円で本当のあなたを取り戻せること自体、通常では考えられない事です。

 

しかし、更に私はあなたに初めの一歩を踏み出してもらうために、もう一つ決断しました!

 

それは、全額返金保証です!

 

私が提供するコミュニティの内容に満足いただけない場合は、頂いた金額全てを返金致します。

 

それだけの内容をあなたに提供できると心から信じているので、出来る保証です。

 

しかし、1つだけ私と約束をして下さい。

 

それは、最低3か月は私の配信する動画と書類にしっかりと目を通して、そして実践するという事です。

 

誰でも初めてする事には抵抗があります。

 

しかし、人生をかける程、大切な事をする時には尻込みしていてはいけません!

 

あなたが本気で人生を変えたいと思い、行動する限り、私もそしてコミュニティの仲間もあなたを力強く後押しします!

 

そのうえで、満足いただけないようであれば、180日以内であれば全額返金致します。

 

3か月間動画を見て頂き、ご満足いただけなければ、メールにてその旨をご連絡下さい。

 

全額返金致します。

 

ですから、どうぞ臆せず初めの一歩を踏み出してください!

電気けいれん療法・うつ病・障害年金の相談や質問などはこちらからどうぞ!

お申込みはこちらから

 

コメントに寄せられた主なQ&A

 

 すぐに効果が出るのかということが気になります。

電気けいれん療法は即効性がある治療法です。

入院期間は1か月から2か月程度ですが、初めの2週間程度で効果が出る事が多いです。

 

 本当に治るのか?また、その後の生活が上手くいく保証はあるのか?

電気けいれん療法は有効率が88.4%と高いですが、無効率も13.3%あります。

どの治療もそうですが、100%治るのを保証出来るものではありません。

また、治療効果が出ると生活は楽になると想定されますが、再発をさせないためにも継続療法が大切になってきます。

 

 副作用とは例えばなんなのでしょうか?治療後はすぐに帰れるのでしょうか??
電気けいれん療法の主な副作用としては、記憶障害になります。
記憶は数週間で戻るものなのですが、病院や治療器によって発生する頻度が大きく異なってきます。
逆に言うと、病院をしっかり選ぶことでリスクの軽減が可能です。
その他には、昔ながらの電気けいれん療法の場合、骨折などの危険性もありますが、
私がお伝えする電気けいれん療法ではそのような事はありません。
約1か月半の入院が終われば、すぐに自宅に帰る事が出来ます。

 

 

 費用はどのくらいかかるのでしょうか?いわゆる通院という形でしょうか?
電気けいれん療法全体の費用は、収入や個室にするかによって変わってきます。
個室でなければ、月額で
(標準報酬月額26万円以下の方)57,600円
(標準報酬月額28万~50万円の方)80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
になります。一部の病院では通院もしているようですが、通常は入院する事になります。

 

 鬱病だとは思うけど病院に行けないので診断を受けてません。
そんな状態じゃなにもできないですよね。
少し回復してからでんきけいれんリョウホウを考えないといけないってことですね。
コミュニティーに参加するだけでも何か良いことはありますか??
電気けいれん療法を受けるには医師の診断がいるので、
まずは、何処かの病院に行く事が必要です。
コミュニティでは、電気けいれん療法以外にも
障害年金2級の受給ポイントや、働き方、インターネットビジネスについても
ご紹介しますので、それだけでもかなり役に立つと思いますよ!

 

追伸

ここまでお付き合いいただき、

本当にありがとうございました。

 

かなりの長文になりましたが

最後まで読んでいただき

本当に感謝の気持ちしかありません。

 

先ほどお伝えしました通り、

有料コミュニティは月額5000円となっています。

しかし、全額返金保証を1年間つけていますので、まずは3か月間しっかりと行動を起こしてください。

 

このコミュニティを立ち上げようと思ったきっかけは、

うつ病に治療に、電気けいれん療法と言う選択肢を持っていない人が圧倒的に多かったからです。

そして、私のように治せる可能性が高いにも関わらず、知らないまま命を自ら断つ人が多い現実を何とか打破したかったからです。

 

このレターを読んでいただいただけでも、あなたは自ら命を断つことはしないでしょう。

そして、コミュニティに参加いただければ、本当のあなたを取り戻すことが可能になってきます。

一度しかない人生です。

是非、あなたの思い描く未来を手に入れましょう!

 

特商法ページ