1. TOP
  2. うつ病で疲れやすいのは脳疲労があるから。改善しないとミスも増加!

うつ病で疲れやすいのは脳疲労があるから。改善しないとミスも増加!

 2017/05/22 うつ病
この記事は約 4 分で読めます。 814 Views
うつ病は遺伝的要因に加えて、環境要因や身体的要因が加わる事で発症するといわれています。
いじめやパワハラ、セクハラ、100時間を超えるような残業などの悪いストレスが原因でうつ病になると考えている人が多いですが、実際には結婚や出産、昇進などをきっかけに発症する人も多数います。

うつ病になると疲れやすくなる

「ストレスに弱いからうつ病になる」と言う人がいますが、実際には逆でうつ病になったためにストレスに弱くなるのです。
一度うつ病に罹患すると、ちょっとしたストレスに弱くなり、疲れやすい体質になってしまいます。
通常疲れると言うと、筋肉痛などを意味する事の方が多いですが、うつ病での疲れは脳疲労になります。
うつ病になるとセロトニンを始めとするモノアミンが減少するとともに、脳の機能も低下します。
また、前頭葉への血流も不足するため、疲れやすい状態になるのです。

脳疲労の主な症状

脳が疲労すると、次のような症状が出てきます。

  • 集中力の低下
  • 思考力の低下
  • 記憶力の低下
  • もの忘れが激しくなる
  • 理解力の低下
  • 判断力の低下
  • コミュニケーション力の低下
  • 注意力の低下

そのため、仕事を効率的に行えなくなったり、家事をする手順が分からなくなったり、ミスが増えたりします。
うつ病の事をあまり知らない人は「あいつは、うつ病ですぐに疲れるとか文句言うくせに、ミスばっかりして使えない!」と怒ったりしますが、うつ病になると本来持っている能力を発揮する事が出来ないようになるのです。

脳の疲労以外にうつ病で疲れやすい理由は5つ程考えられます。

睡眠の質の低下

まず第一にうつ病になるとセロトニンが不足するので、睡眠の質が低下して前日までの疲れがとれません。
そのため日中、特に午前中は調子が上がらないということが考えられます。
睡眠時には修復ホルモンが働いて疲れや身体の損傷を癒すものですが、良質な睡眠が得られないと修復ホルモンの働きが得られなくなります。
また休日に「寝だめ」などもできない上、週明けからの仕事や学校を思うと憂鬱になり、更に気分が低下します。
対策としては睡眠薬を処方してもらい、半ば強制的に睡眠をとって脳を休める事が大切です。

集中力低下による悪循環

第二に集中力の欠如が挙げられます。
通常であれば簡単にできることも困難になり、効率が著しく低下します。
作業の長時間化ややり直しなどが発生しますので、心身ともに余計に疲れやすいのです。
また自分自身こんなはずではない、あるいは反対に自分は駄目な人間である、という思いが強くなり、自分を苛む原因となって更にリラックスできなくなります。
リラックス出来ない事によって、交感神経が常に優位になるので緊張から疲れやすくなります。
集中力がない時は無理をせずに、少し気分転換をした方が効率があがり結果もしっかりとついてきます。

自律神経のバランスが崩れる

第三に自律神経のバランスが崩れることによる疲労です。
初期段階でうつ病と診断されていない時、自律神経失調症の可能性が検討されるはずです。
交感神経・副交感神経のバランスが崩れると、睡眠時やリラックス時にも緊張状態が強いられるようになりますので、やはり疲弊します。

消化機能の低下

第四は胃腸の消化機能の低下に由来します。きちんと食事を摂っても十分に栄養が吸収されないと、身体をリセットすることができません。
うつ病で体を動かさずに家に閉じこもっていると、胃腸の動きが鈍くなり消化機能が低下します。
スポーツなどは出来ませんが、家の近所を散歩するなど少し体を動かすだけでも効果はあります。

環境要因

第五は無理をしないといけない環境にあるです。
特にここ数年は日本年金機構の審査基準が変わったせいか、うつ病患者に障害基礎年金が支給されにくくなりました。
そのため無理をしてでも働かざるを得なくなり、やはり疲弊を重ねてしまうという悪循環に陥ります。
また、家族などの理解が乏しい場合、家に居ても何かと急かされて落ち着くことが出来ません。
環境があまりにも悪いとうつ病を改善する事は難しいので、入院を検討した方が良いでしょう。

ストレスから離れる事が大切

これらの理由は明確に5つに分類できるというよりは、お互いに関係し合って複合要因となりやすいものです。
また患者によっては睡眠には問題はないという人もいますから、これらすべてが現れるという訳でもありません。
ただし、過度なストレスがかかると間違いなく疲れやすくなります。
「仕事を休むわけにはいかない」
「家事をさぼるなんて出来ない」
と思うかもしれませんが、無理を重ねたからこそうつ病になってしまったのです。
難しくても、ストレスから遠ざかって心身ともに休息を与える事がなにより疲れを取る薬になります。

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。

Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。

現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。

コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。