1. TOP
  2. 「動きたくても動けない!」うつ病の鉛様麻痺とは?

「動きたくても動けない!」うつ病の鉛様麻痺とは?

うつ病の症状として、「動けない」と言うものがあります。
「体が五体満足なんだから、動けないわけないだろ!」と言う声は当然あるのですが、動けない物は何と言われても動けないんですよね。
通常の人が感じる疲労感などは、身体にたまる疲労をさしますが、うつ病、特に新型うつ病の人の場合、精神的疲労により「動けない」状態になります。

従来のうつ病でも、倦怠感と言ったり、疲労感と言う言葉で表現されますが、新型うつ病の場合にはもっと症状は深刻です。
「鉛様麻痺」と言って、その名の通り鉛のように体が重く感じます。
ベッドから起き上がったり、トイレに行くのでさえも、困難で大変なエネルギーを必要とします。

鉛様麻痺とは

新型うつ病の重要な症状の一つが鉛様麻痺です。
体がだるいと言うのを通り越して、全くと言って良い程体を動かせなくなります。
この鉛様麻痺は精神的なストレスとも関係が深く、嫌な事があると症状が出やすいと言われています。
しかし、私は嫌な事がない時でもこの鉛様麻痺に悩まされていたので、一概には言えないと思います。

精神的疲労について

通常肉体労働やスポーツをすると、FF(ファティーグ・ファクター)と言うたんぱく質が体内にたまり疲労を感じます。
以前は尿酸が疲労物質と考えられていましたが、現在の医学ではFF(ファティーグ・ファクター)が疲労の原因と言われています。
心臓病や糖尿病の原因にもつながると言われています。
このFF(ファティーグ・ファクター)はスポーツなどの身体的疲労だけでなく、精神的疲労にも関わっていることが明らかになっています。
例えば、朝から長時間、聞きたくもない社長の話を聞かされたりしたときも、このFF(ファティーグ・ファクター)は体内に蓄積されます。
では、疲労をどのように回復させればよいかと言うと、FR(ファティーグ リカバー ファクター)と言う疲労回復物質を体内に増やすことが大切です。
FRは、FFが発生すると作られます。
また、FFによって傷ついた細胞を修復して、身体・精神疲労から回復する働きをする効果があります。

FR(ファティーグ リカバー ファクター)を増やすためには

FRは、FFが生成されるような負荷を体にかける事で増やすことが出来ます。
年齢を重ねるごとに、このFRは生成されにくくなりますので、意識的に負荷をかけてあげたり、食事で接種する事が大切です。
例えば、

  • 入浴
  • 10分から20分程度の有酸素運動
  • 睡眠
  • アミノ酸化合物を含んだ食事

などです。

入浴

ぬるめのお湯10分程度浸かるようにしましょう。
熱いお湯につかると、交感神経が活発になるので逆効果です。
また、長時間のお風呂は体力を消耗するので、避けた方が良いでしょう。

10分から20分程度の有酸素運動

軽めの運動を毎日する事が大切です。
体力的にキツイ運動をすると、FFが大量に生成されるので逆効果です。
軽めの運動をした直後にはFFが生成されますが、すぐに消失します。
一方、FRは運動後数時間体内で生成されます。その間に疲労が回復する仕組みです。

睡眠

また、睡眠も重要な役割を持っていて、日中の運動では交感神経が優位に働いていて、FFの生成が活発になります。
一方、FRは生成が抑えられる傾向にあります。
しかし、睡眠をしている間は副交感神経が優位に働き、FRの生成が活発になります。
そのため、睡眠中に疲労は回復しやすいと言えます。
日中体を動かしたときは、昼寝をする事でもFRを増やして回復させることが可能です。

アミノ酸化合物を含んだ食事

アミノ酸化合物は肉、魚、卵、豆類に多く含まれています。
注意点としては、肉や卵は加熱することでアミノ酸化合物が固まってしまいます。
固まると吸収効率が下がってしまうので、肉ならレア、生卵の方がアミノ酸化合物を摂取するにはおすすめです。

鉛様麻痺は脳が感じる疲労

鉛様麻痺は身体的疲労とは異なり、脳が感じる中枢性疲労(精神的疲労)になります。
そう言った意味ではFF(ファティーグ・ファクター)も鉛様麻痺の原因に少なからず関係していると言えるでしょう。
いずれにしても体を動かすことは、鉛様麻痺を解消させるためにも有効な手段です。
体が鉛のように重たいわけですから、走ったり、スポーツをするのは無理ですが、可能な範囲でウォーキングなどの有酸素運動をする事で少しずつ回復させることが出来ます。
また、有酸素運動をする事でうつ病によって悪くなった脳への血流も改善します。
うつ病で体が動かない人は、軽めの運動、入浴、睡眠をしっかり取ることで、解消しましょう。
逆に、身体が動かないからと言って、部屋の中で閉じこもっていると、余計体は動かなくなってしまうので注意して下さいね。

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。