適応障害

うつ病

適応障害とうつ病の違いは?原因が解決した時に治るかどうかがポイント

うつ病と似ている病気に「適応障害」があります。適応障害とは、環境の変化に心身が適応できない時に発症します。抑うつ気分、不安感、自殺企図、疲労感、倦怠感などうつ病同じような症状が出る事が多いと言われています。しかし明らかにうつ病と適応障害とに違いが出る瞬間があります。それは、病気の原因となった出来事が解決した時に、症状が収まるかどうかです。
うつ病

ハローワークだけじゃない!うつ病で仕事探しをする時に役立つサポート機関

うつ病で仕事探しをする時にまず突き当たるのが精神障害をオープンにするか、クローズにするかという事です。うつ病が再発するリスクが常に付きまとう中で一般就労で仕事探しをしても、入社してすぐに体調を崩し退職する可能性があります。そのため、軽度のうつ病であれば一般で仕事探しをしても良いですが、中程度以上のうつ病の人は障害者手帳を取得してオープン就労する方が良いでしょう。