PEA

うつ病

最新のうつ病血液検査「血中PEA濃度測定」とは?うつ病発見率90%を誇る検査

うつ病かどうかを判断する検査方法は、一般的には医師の問診で判断するのが主流でした。しかし、最近になってうつ病かどうかを判断する新しい検査方法が開発されて注目されています。その検査方法とは「血中PEA濃度測定」と呼ばれるものです。 血中PE...
うつ病

HMTが続伸、大うつ病性障害バイオマーカーPEAの論文が学術誌に掲載。

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ <6090> が続伸。24日、大うつ病性障害の血液バイオマーカーに関する臨床研究成果が日本精神神経学会の学術雑誌「Psychiatry and Clinical Neuroscience...
うつ病

「心の病気(うつ病)」は予防できる?精神医療の現状

■精神医療の発展……「心の病気」は予防できるの? 抗うつ薬や抗精神病薬など、心の病気の治療薬が本格的に臨床の場で用いられるようになったのは戦後になってからです。世代をへるごとに、一般に副作用は軽減し、治療効果はより高くなっています。また、...
うつ病

うつ病診断用の酵素量産 HMT・東洋紡、研究用試薬を販売へ

慶応大学発ベンチャーのヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)と東洋紡は、うつ病の診断で、バイオマーカー(体内指標物質)の測定に使う酵素の量産技術を確立した。東洋紡が11月からHMTに供給し、HMTは下期中に研究用試薬キットを製造...
うつ病

東洋紡と HMT、うつ病関連バイオマーカー用酵素の量産技術を確立 PEAの検出が簡易的に

東洋紡株式会社 (本社: 大阪府大阪市、代表取締役社長: 楢原誠慈、以下東洋紡) とヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社 (本社: 山形県鶴岡市、代表取締役社長:菅野隆二、以下 HMT) は、共同研究により、うつ病関連バイオマー...
うつ病

うつ病が血液検査で分かる時代に突入!PEAが偏見をなくす?

近年うつ病を血液検査で客観的に指標するという研究が進んでいます。うつ病の指標となると期待されているものは、PEA(リン酸エタノールアミン)と言うバイオマーカーです。もしくは、EAP(エタノールアミンリン酸)と呼ばれているものです。うつ病になるとセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンと言った脳内神経伝達物質が減少すると言われています。