2017-05

うつ病

新型うつ病だけじゃない、うつ病なのに外出できる人の5つの特徴

精神的にも身体的にも外出するのが困難な人が多いうつ病ですが、中には出来る人もいます。うつ病になったからといって、ずっと精神的・身体的症状が続くわけではないということです。うつ病の患者は、昼は気分が落ち込んでいて辛い状態なのに、夜になると急に体調が良くなるなど、波があると言われています。また、外出するという部分では問題がなく、他の部分で異常が起きているケースもあります。
うつ病

妊娠中にうつ病の薬を飲む3つのリスクと回避方法

妊娠中はお腹の赤ちゃんの健康を守るために、薬を飲むことが制限されます。 うつ病の薬も同様で、妊娠中に服用を禁止されているうつ病の薬があります。 もし、妊娠中に服用を禁止されているうつ病の薬を飲んだ場合には、お腹の赤ちゃんに悪影響が及...
うつ病

うつ病で就職する前に知っておきべき6つの真実

うつ病者が就職活動を行うステップには、「医師の承認を得る」「クローズ就労かオープン就労かを決める」「正社員雇用か契約社員、アルバイトなど雇用形態を決める」「履歴書・職務経歴書を作成する」「ハローワークに行って求人を探す」「エージェントに登録する」「書類選考⇒面接⇒内定」があります。いずれもうつ病が就職する上で大切な事です。
統合失調症

統合失調症で障害年金を受給するには、しっかりとポイントを押さえておこう!

日本では、統合失調症に悩んでいる人が少なくありません。およそ100人に1人弱がかかる病気で、日本には70万人以上いると厚生労働省が発表しています。あまり知られていませんが、統合失調症の患者は認定基準を満たしていれば、障害年金を貰うことができます。障害年金を申請する上で大切なの事は、正しい情報を正確に医師に伝えることです。
うつ病

うつ病と自律神経失調症の違い。どちらも早期の治療が大切!

自律神経失調症と間違われやすいのがうつ病です。ほとんどの項目でうつ病と類似しているので、混乱するかもしれませんが違う病気です。大きな違いとは何かというと、うつ病は主に心に症状が出るのに対して、自律神経失調症は体に症状が出ることが多いのです。自律神経失調症を治療しないで放置しておくと、やがてうつ状態になり、更に悪化するとうつ病に発展してしまう事があります。
気分変調症

気分変調症で障害年金は貰えるのか?難しいですが、障害年金3級なら可能性はあります!

気分変調症は、生活が出来ない程深刻化する事は少ないですが、就労するのが難しい人もたくさんいます。しかし、一般的には気分変調症で障害年金を受給するのは非常に困難とされています。正直私でも、気分変調症で障害年金2級を受給させるのはほとんど不可能です。しかし、障害年金3級であれば、方法はあります。