2017-04

うつ病

「死にたい・・・」うつ病が自殺をするサインと正しい接し方

うつ病の苦しみにより心が限界を迎えた人は、最終的にもう死ぬしかないといった考えに至るまで、自分を追い詰めてしまうことが多いのです。うつ病の人の自殺を防ぐためには、周りの人が本人が出しているサインに気付いてあげること、正しい対応を行うことが重要になってきます。うつ病の人が「死にたい」と言っている時はかなりの危険信号だと思って下さい。
うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。
うつ病

「うつ病」は首のこりに注意!首のストレッチでうつ病も改善出来る

ただの首のこりだからと放置してしまうと、うつ病へと繋がってしまうとされているのです。うつ病には大きく分けて2つの種類があり、ストレスが原因で引き起こされるものと、自律神経の乱れによって引き起こされるものの二つがあります。首のこりに関係しているのが自律神経の方です。また逆に、うつ病になると首がこるという事もあります。
うつ病

うつ病はうつる?ネガティブ思考が伝染して介護うつにならないために

うつ病は脳の病気でウィルスや細菌性の病気ではないので、空気感染や血液感染でうつる事はありません。うつ病患者は日本だけでも約100万人いるとされています。仮にうつる病気だとしたら、世界中がうつ病患者だらけになってしまいますが、そんな事はあり得ません。しかし、何も知らないとまるでうつ病が伝染しているように見えるのは確かです。
うつ病

うつ病でアルコール依存症が併発する危険。お酒でごまかすのはダメ

うつ病では抗うつ薬や抗不安薬などの治療薬を用いますが、アルコールの作用によって、これらの治療薬の効き目を弱めてしまうのも心配な部分です。治療薬が効かずにうつ病の症状は良くならず、症状を紛らわそうとしてお酒を飲み続け、その量も頻度も増していくと、症状が深刻な状態にまで進んでしまい、最悪の場合には自殺を考えてしまうという悲しい結果に陥るケースも少なくありません。
うつ病

うつ病は「脳の病気」と言う医学界の常識が日本で広まらない理由

うつ病は心の病気と言われていますが、医学的には脳の病気と言う見解が有力です。 厚生労働省のポータルサイト「みんなのメンタルヘルス」でも、「うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。」と記載されています。「メンタルが弱い」「気の持ちよう」や「怠けているだけ」と言った偏見が多いですが、うつ病を脳の病気と捉える事により、より早期に症状を改善する事が可能になります。