やる気

うつ病

うつの無気力はどうしてなるの?原因と対策方法について。

うつ病で無気力になるのは仕方がない事です。むしろうつ病の症状と並行してやる気が出ているようであれば、自殺の危険性が高くなるので、逆に危ない状態と言えます。脳の機能が低下する程ストレスを掛けたことでうつ病を発症したのですから、「無気力なのは仕方がない」と諦めて、じっくり腰を据えて治療を行って下さい。
うつ病

うつ病はやる気の問題!いえいえ、やる気を出したら悪化しますよ。

「うつ病なんか、やる気の問題だ!」いや~、吐き気がする意見ですよね。うつ病になると、やる気が出ないのは仕方がない事です。うつ病では脳内神経伝達物質である「セロトニン」「ノルアドレナリン」「ドーパミン」と言ったモノアミンが減少します。この脳内神経伝達物質がやる気などの意欲的な感情を引き起こすので、それが減少しているとどうしてもやる気が出ないのは当たり前です。
うつ病

うつ病でやる気が出ないのは、脳が警報を出しているから

うつ病であれば一度くらいは「やる気が出ない」と悩んだことがあると思います。うつ病は過剰なストレスによって脳がパンクしている状態です。これ以上無理をしたらダメだと脳が体に警報を出しているんです。セロトニンやノルアドレナリンが分泌しない事にはやる気は出ませんが、うつ病になると分泌自体が極端に少なくなっているので、やる気はどうやっても出ないのです。