申立書

障害年金

障害年金で申立書の役目と書き方。診断書との整合性が大切

障害年金を申請する時に、必ず提出を求められる書類の一つに「病歴・就労状況等申立書」があります。障害年金の等級を一番左右する書類は、医師の作成する診断書ですが、その次に大切なものが申立書と言われています。申立書の内容で障害年金の等級が上がる事はありませんが、不必要な内容を記載してあったり、十分説明出来ていない場合等級が下がる可能性があります。
うつ病

うつ病で障害年金3級は難しい?障害年金2級はマニュアルが必須!

うつ病で障害年金3級を申請するのであれば、記事を読んで実践出来るのでさほど難しい事はありません。しかしうつ病で障害年金2級を受給したいのであれば、マニュアルで勉強をして臨まないと、2級に該当する診断書や病歴・就労状況等申立書を作成するのは困難です。