自立支援医療制度

うつ病

自立支援医療制度だけじゃないよ!うつ病で治療費を安くする5つの方法

うつ病は数ヶ月で治る人もいれば、何年も長引いてしまう人もおり治療期間は人それぞれ異なります。長引けば長引くほど家計に響いてくるのが治療費ですが、うつ病の症状が重くなると働いて治療費を稼ぐことすら難しくなってくる場合もあります。病院や役所などは、治療費を安く抑える方法などを親切に教えてくれるわけではありません。全て自分で調べて、病院の受付や、役所の窓口で聞いて初めて手続きをしてくれるものです。
うつ病

うつ病で休職・退職しても安心の傷病手当金

うつ病を患って就労が不能だと医師に判断されれば、診断書を取って提出することで加入する健康保険から給料の約67%を傷病手当金として受給することができます。但し注意点があって、退職した後に病院にかかっても一円も傷病手当金は支給されません。 支給が開始されてから最長で1年6ヶ月傷病手当金を受給できますので、現金での給付があると分かれば安心して療養に専念することができます。