「東建」のパワハラ認定…167万円賠償命令

パワハラ うつ病ニュース

 賃貸住宅建設・仲介大手「東建コーポレーション」(本社・名古屋市)の元社員の40歳代の男性が、上司のパワハラでうつ病になり、退職を余儀なくされたとして、当時の上司と同社に計約752万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が5日、名古屋地裁であった。

 野村武範裁判官は、元社員へのパワハラがあったと認め、上司と同社に計約167万円の支払いを命じた。

 判決によると、元社員は2012年10月に入社し、兵庫県宝塚市の支店に勤務。40歳代の上司から13年12月頃以降、担当を突然はずされたり、「お前みたいながんウイルスがいると雰囲気が悪くなる」と言われたりするなどのパワハラを受けてうつ病になり、14年10月に退職した。その後、労災認定を受けた。

 上司は、発言は叱咤しった激励の趣旨だったなどと反論したが、野村裁判官は「教育指導の範囲を逸脱し、過大な心理的負担を与えた」などとしてパワハラと認定。また、相談窓口開設などの同社のパワハラ対策は必ずしも効果があったとは言えず、上司の選任や監督に対する注意が不十分だったとして、同社には使用者責任があるとした。

 同社は「判決の詳細を聞いていないので、コメントできない」としている。

私が所有しているマンションが東建コーポレーションなんですよね。

メンテナンスなどもしっかりやってくれているので、てっきり良い会社なのだと思っていたのですが、中で働いている社員さんはかなり大変みたいですね。

上司のパワハラが原因でうつ病を発症したと言う事で、労災認定も受けているのですから、かなり悪質なパワハラであったと想像出来ます。

パワハラをした方は、気にしていないかもしれないですが、された方は一生うつ病と付き合っていかなければいけないかもしれないんです。

出世街道をひた走っている人でも、生きていくのがやっとという人生になってしまうんですよね。

この上司には一生かけて、罪を償ってほしいものです。

コメント