1. TOP
  2. うつ病
  3. 双極性障害とうつ病では前頭葉の体積が違う、山口大学などの研究

双極性障害とうつ病では前頭葉の体積が違う、山口大学などの研究

 2017/12/05 うつ病 うつ病ニュース 躁うつ病
この記事は約 3 分で読めます。 148 Views
躁うつ病のMRI

 MRIを利用した研究によって、双極性障害の患者の脳とうつ病の患者の脳とでは、体積に違いがある、という事実が明らかになった。山口大学、国立精神・神経医療研究センター(NCNP)、日本医療研究開発機構などの共同研究によるものである。

 

 結論を最初に述べると、前頭葉、すなわち感情や思考を司る脳の部位の、その中でさらに背外側前頭皮質、前帯状皮質と呼ばれる部位において、双極性障害の方がうつ病よりも小さい、ということが明らかになったという。

 双極性障害は、うつ状態と躁状態の相互遷移を生じる精神病の一種である。一方、うつ病はうつ症状を呈する疾患であって、躁エピソードを示さない。研究・診断の歴史においては長く複雑な関係があり、混同されていた時代もあったのだが、現在では、「相互にまったく異なる疾患である」という見解が定着して久しい。ただし、そうはいっても症状そのものは大きく重なるため、正確な鑑別には今もなお優れた精神科診断医学の力が求められる。

 であるからして、この2つを客観的に明瞭に区別するための生理的指標の確立は以前から強く求められるところであった。MRIを用いて両者を比較する、という研究は、これまであまり行われてきていなかった。それを行ったのが、今回の研究である。

 今回の研究では、双極性障害の患者、うつ病の患者、そして健常者、合計1,531人のサンプルが集められ、そのMRI画像が詳しく分析された。結果として、前述のような事実が明らかになったというわけである。

 今後、今回の研究の結果をもとに、頭部MRI検査を使用した、新たな診断法や治療法が開発されていくことが期待される。

 なお、研究の詳細は、英国の科学誌『Cerebral Cortex』にオンライン掲載されている。

最近、うつ病に関するニュースは目を見張るものがありますよね。

TMS治療に関しても、この躁うつ病とうつ病との違いに関する研究にしても、これまでの治療から大きく前進する可能性があります。

私自身はうつ病で、躁うつ病ではないですが、躁うつ病の人も周りに理解されずに苦しんでいると言う話しは良く耳にします。

お金遣いが荒くなったり、浮気をしたり、横暴な態度を取ったりするために、せっかく親身になって心配してくれる人も離れて行ってしまうとの事。

>>躁うつ病に関する記事はこちら!

しかし、この研究で躁うつ病をまず確定診断する事が出来るようになり、更に進んで治療方法を見つける事が出来れば多くの躁うつ病患者を救う事が出来そうですよね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

躁うつ病のMRI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。