1. TOP
  2. うつ病ニュース
  3. 徳大でパワハラと提訴 男性准教授、徳島大学に慰謝料要求

徳大でパワハラと提訴 男性准教授、徳島大学に慰謝料要求

うつ病ニュース
この記事は約 2 分で読めます。 268 Views
徳島大学

 直属の上司である教授からパワーハラスメントを受けたにもかかわらず適切な措置を取らなかったため、うつ病を発症したとして、徳島大の男性准教授が同大を相手取り、慰謝料など330万円の損害賠償を求めて徳島地裁に提訴したことが1日、分かった。

 訴状によると、2012年2月、准教授は、教授が推薦した他部署への異動打診を断ったことをきっかけにパワハラを受けるようになった。「あんたは非常識だ。早く職を探して出ていけ」などと大声で怒鳴られるなどしたため大学に相談したが、パワハラは認められず、教授を厳重注意処分しただけの不十分な対応に終わったなどとしている。

 准教授は、教授の一連の不法行為に対し、大学側が職場環境を保全するための適切な措置を取らなかったことで精神的苦痛を被り、うつ病になったと主張している。

 徳島大総務課は「係争中なのでコメントは差し控えたい」としている。

 

この手のニュースを見るといつも思うのが、被告側が一切コメントをしないという事です。

 

確かに裁判になった時に、下手な言動をしていると不利になる事は分かるのですが、誠意が感じられないですよね。

 

原告側は病気になって、人生の大半を失ったにも関わらずなんらコメントをしないのは、いかがなものでしょうか?

 

何処の組織でも、一人の人間よりも組織としての立場を優先させているのは非常に残念な事です。

 

こういった組織だからこそ、仮にパワハラやセクハラが横行していてもみんな見て見ぬふりをするのでしょうね。

 

もっと血の通ったコミュニケーションを取って欲しいものです。

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

徳島大学

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。