気分変調症

うつ病

気分のアップダウンがひどいのは心の病気?うつ病・躁うつ病など気分障害に気を付けて!

気分には良い時もあれば悪い時もありますが、あまりに良過ぎても悪過ぎても、普段の自分でなくなってきます。 例えば、もしも休日、朝から気持ちが冴えなかったら、家の外に出たくなくなり、予定を入れていた事を後悔してしまうかもしれません。反対に...
うつ病

障害年金を貰える精神疾患の種類と金額

障害年金受給の対象となっている精神疾患としては、アルツハイマー病の認知症、老年性精神病、血管性認知症、アルコール使用・飲酒による精神及び行動の障害、統合失調症、躁病、双極性感情障害(躁うつ病)、うつ病、気分[感情]障害、不安障害、強迫性障害<強迫神経症、重度ストレスへの反応及び適応障害、解離性[転換性]障害、てんかんなどがあります。
気分変調症

気分変調症で障害年金は貰えるのか?難しいですが、障害年金3級なら可能性はあります!

気分変調症は、生活が出来ない程深刻化する事は少ないですが、就労するのが難しい人もたくさんいます。しかし、一般的には気分変調症で障害年金を受給するのは非常に困難とされています。正直私でも、気分変調症で障害年金2級を受給させるのはほとんど不可能です。しかし、障害年金3級であれば、方法はあります。
うつ病

ハローワークだけじゃない!うつ病で仕事探しをする時に役立つサポート機関

うつ病で仕事探しをする時にまず突き当たるのが精神障害をオープンにするか、クローズにするかという事です。うつ病が再発するリスクが常に付きまとう中で一般就労で仕事探しをしても、入社してすぐに体調を崩し退職する可能性があります。そのため、軽度のうつ病であれば一般で仕事探しをしても良いですが、中程度以上のうつ病の人は障害者手帳を取得してオープン就労する方が良いでしょう。