統合失調症

うつ病

独り言が多いマネージャー病はうつ病の兆候かも!

うつ病の症状における独り言は、慢性的なストレスから来るものであり、危険な兆候と言えます。特にサラリーマンで出世したとたんに独り言が増える場合は、「マネージャー病」かもしれません。うつ病による独り言は危険な兆候であるという事を認識し、身近な人にそれが見られた時はすぐにうつ病を疑うという習慣が、新たな重症者を増やさない事に繋がります。
うつ病

うつ病と統合失調症の違いと見わけ方のポイント

うつ病と統合失調症はどちらも脳の病気なのですが、一般的には心の病と言うカテゴリーに分類されます。うつ病でも統合失調症でも周りから見ていると、違いがはっきりせずに同じように見える事があります。「コミュニケーションが困難になる」「入浴など日常的な事が出来なくなる」「心配性になるなど精神的に余裕がなくなる」「意欲の低下」などはどちらにも共通して起こり得る症状です。
うつ病

ハローワークだけじゃない!うつ病で仕事探しをする時に役立つサポート機関

うつ病で仕事探しをする時にまず突き当たるのが精神障害をオープンにするか、クローズにするかという事です。うつ病が再発するリスクが常に付きまとう中で一般就労で仕事探しをしても、入社してすぐに体調を崩し退職する可能性があります。そのため、軽度のうつ病であれば一般で仕事探しをしても良いですが、中程度以上のうつ病の人は障害者手帳を取得してオープン就労する方が良いでしょう。