認知行動療法

うつ病

【中医協】認知療法・認知行動療法3の要件緩和へ 厚労省、診療報酬の算定実績ゼロで

 厚生労働省は、中央社会保険医療協議会(中医協)が18日に開催した総会で、認知療法・認知行動療法3の要件を見直すことを提案し、大筋で同意を得た。 看護師が一部を実施する同療法3の診療報酬の算定実績がゼロだったことを踏まえ、来年度の診療...
うつ病

うつ病の被害妄想は精神の不安定さの解消を!症状と対策について

被害妄想とは、実際は他人から危害を加えられたりしていないのに危害を加えられていると強く思い込んでしまうことです。うつ病の被害妄想は、悲観的な感情から生まれるものがほとんどになります。脳内神経伝達物質のセロトニンの減少する事で、精神の安定がなくなります。精神的に不安定になると、些細なことが頭から離れずに自分にとって大事件のように感じてきます。
うつ病

厚生労働省が認可しているうつ病治療|電気けいれん療法・薬物治療・休養

生きて生活している以上、誰でも嫌なことがあったり落ち込んだりする日がありますが、それは一時的なもので翌朝になったらほぼ回復をしていたり、誰かに話したり相談をすることで落ち着いたり、また別の楽しいことをしたりしているうちに沈んだ気持ちが薄れて...
うつ病

衝撃!うつ病にかかった人の完治率は40%しかない。完治と寛解の違い

初めてうつ病にかかった人の完治率は40%と言われており、残りは完治していないことがわかります。何十年も薬を飲んでいるのに、完治しないという人もたくさんいるのが現実です。うつ病などの精神疾患は再発する恐れがある病気ということで、完治ではなく寛解という用語が使われています。寛解についてですが、多くの場合は社会復帰を目安にしているようです。
うつ病

うつ病でのカウンセリングの役目|一人で解決できない時は

カウンセリングの技法には、ロジャーズ法といって、傾聴をメインにするやり方と、認知行動療法のような、カウンセラーと共に解決策を模索するようなカウンセリングがあります。 今現在、うつ病に効果的と言われているのが、この認知行動療法です。この技法によるカウンセリングの役目は、うつ病患者の考え方の癖を見つけ出すことです。
うつ病

うつ病の再発防止に必要な事|社会復帰が再燃の引き金になる事も

うつ病は完治するのは難しい病気で、治ったとしても寛解が限度と言われています。しかし、それでも再発する可能性はあります。うつ病の再発を防ぐためには、防止策を知っておくことが大切です。うつ病が再発するきっかけは、過去と同じ状況になった時が多いので、考え方を変えたり頼れる人に相談する事で再発を防げる可能性があります。