障害年金

うつ病

うつ病における障害年金とは?等級・種類・役割をご説明致します。

うつ病の症状が出て、病院で診察を受けてから1年6か月が経過すると、障害年金を受給できる可能性があります。障害年金とは、初診日において国民年金や厚生年金、共済年金に加入していた人が一定の障害になった時に支給される社会保険制度です。よく、障害年金は身体の障害にしか適用されないと思っている人がいますが、うつ病などの精神疾患でも適用されます。
障害年金

障害年金で申立書の役目と書き方。診断書との整合性が大切

障害年金を申請する時に、必ず提出を求められる書類の一つに「病歴・就労状況等申立書」があります。障害年金の等級を一番左右する書類は、医師の作成する診断書ですが、その次に大切なものが申立書と言われています。申立書の内容で障害年金の等級が上がる事はありませんが、不必要な内容を記載してあったり、十分説明出来ていない場合等級が下がる可能性があります。
障害年金

精神における障害者年金の金額 は?診断書の簡易無料チェックも行っています

精神疾患による障害者年金の金額は、①障害基礎年金②障害厚生年金のどちらかによって異なってきます。障害年金は、初診日に厚生年金に加入していた人の方が手厚く保障されています。また、1級と2級とはそれほど金額が変わるわけではありませんが、2級と3級とでは障害者年金の金額の差は大きくっています。
障害年金

障害年金を社労士に依頼する時は注意が必要!うつ病に精通している人は僅か。

うつ病などの精神疾患になった時、障害年金を受給するために社労士に依頼をする事があります。障害年金のプロと呼ばれているのは社労士になるので、ある意味間違ってはいません。中には、うつ病に特化している社労士もいて、そういう社労士に依頼をすると、障害年金を受給できる可能性は大幅にアップします。しかし、注意して欲しいのが、一般の社労士は、障害年金にそれほど詳しくないと言う点です。
障害年金

精神で障害者年金3級を受給するための注意点。「就労」がポイントに・・・

うつ病などの精神疾患になった時に、障害者年金を申請したけれども「不支給」とされて3級にも認定されないケースは数多くあります。実は多くの精神病患者は間違った認識を持っているために、本来であれば3級の症状があるにも関わらず障害者年金3級を受給出来ずにいます。精神疾患は身体障害と異なり、障害者年金の受給要件を満たすかどうかの境目が非常に曖昧になっているからです。
障害年金

精神疾患で障害年金を申請する時は、医師任せにすると取り返しがつかないので注意!

うつ病や統合失調症、躁うつ病などの精神疾患にかかると、障害年金を受給できる可能性があります。障害年金を申請するおすすめのステップとしては、①初診日を確定させる②年金事務所に行き、必要書類を受け取る③医師に診断書作成依頼をする④病歴・就労状況等申立書を作成する⑤その他必要書類を取り寄せる⑥年金事務所に全ての書類を提出するです。