オープン

うつ病

精神障害者の採用、売り手市場に 雇用義務化前に動く。法定雇用率が2.0%から2.2%に

障害者の採用に大きな変化が起きています。うつ病や発達障害などを抱える精神障害者の採用に企業が取り組み始め、一部では「売り手市場」ともいえる状況が出てきているのです。何が背景にあるのでしょうか。  まず、2018年4月から法律が変わりま...
うつ病

うつ病で就職する前に知っておきべき6つの真実

うつ病者が就職活動を行うステップには、「医師の承認を得る」「クローズ就労かオープン就労かを決める」「正社員雇用か契約社員、アルバイトなど雇用形態を決める」「履歴書・職務経歴書を作成する」「ハローワークに行って求人を探す」「エージェントに登録する」「書類選考⇒面接⇒内定」があります。いずれもうつ病が就職する上で大切な事です。
うつ病

ハローワークだけじゃない!うつ病で仕事探しをする時に役立つサポート機関

うつ病で仕事探しをする時にまず突き当たるのが精神障害をオープンにするか、クローズにするかという事です。うつ病が再発するリスクが常に付きまとう中で一般就労で仕事探しをしても、入社してすぐに体調を崩し退職する可能性があります。そのため、軽度のうつ病であれば一般で仕事探しをしても良いですが、中程度以上のうつ病の人は障害者手帳を取得してオープン就労する方が良いでしょう。