再発

うつ病

うつ病で傷病手当金を受給する手順と書き方。再発したら二回目は?

うつ病患者は年々増加の一途を辿っていて、現在日本には100万人以上のうつ病患者がいると言われています。 軽度れあれば通院しながら仕事を続ける事も可能ですが、中度・重度のうつ病ではしっかりと休養を取りながら治療をしていく事が大切です。 ...
うつ病

うつ病の休職期間の目安と復職に向けたステップ

うつ病で休職した方が良いと主治医に言われたとき、期間をどのくらいにするかを決めなければいけません。主治医が診察の結果から休職期間を決める事もありますが、うつ病患者に希望を聞くことも多いです。その時に、目安にするのは3か月です。これは、低下した脳の機能を回復させるのに最低限必要な休職期間の日数になります。
うつ病

うつ病から復職をスムーズに。再発を予防するリワーク支援とは?

リワーク支援は運営機関によって大きく分けて3種類に分けられていて、それぞれ「企業やNPO法人が行う民間系」「独立行政法人や福祉保健局が行う行政系」「「病院・クリニックが行う医療系」があります。プログラム内容としては、マイナス思考を少しずつほぐしていく事ができる「認知行動療法」や心身の疲労のサインに自分が気付けるようになる事で対処法を工夫しながら集中力を鍛えることができる「オフィスワーク」などがあります。
うつ病

うつ病の再発を防ぐ「認知行動療法」とは!方法もご紹介

認知行動療法とは、否定的になってしまった思考のパターンや考え方の癖を修正し、ストレスを緩和する治療法です。精神的な疾患を治療するだけではなく再発も防止できるため欧米では高く評価され、積極的に取り入れられています。認知行動療法のやり方には様々ありますが、その1つとなるのがワークシートなどに自分の考え方を書く方法です。