精神障害者保健福祉手帳

うつ病

自立支援医療制度だけじゃないよ!うつ病で治療費を安くする5つの方法

うつ病は数ヶ月で治る人もいれば、何年も長引いてしまう人もおり治療期間は人それぞれ異なります。長引けば長引くほど家計に響いてくるのが治療費ですが、うつ病の症状が重くなると働いて治療費を稼ぐことすら難しくなってくる場合もあります。病院や役所などは、治療費を安く抑える方法などを親切に教えてくれるわけではありません。全て自分で調べて、病院の受付や、役所の窓口で聞いて初めて手続きをしてくれるものです。
うつ病

うつ病になってもお金に困らない6つの方法

まず現実的なことから向きあうことになりますが、うつ病になることでお金は減ります。 外傷を負うわけではないですが、脳に病を抱えるのがうつ病ですから、仕事が今までみたいに手につかなくなります。働くこともままならない状態だと、収入は減っていく事になりますが、支出だけは変わりません。むしろ医療費などの負担は増えるので、お金に困窮します。
うつ病

意外に知らない、うつ病で障害者手帳を取得するメリット・デメリット

障害者手帳を取得すると、各種税金、NHK放送受信料の免除やバスや電車などの運賃の割引をしてもらうことが可能です。その他には、携帯電話料金の割引や美術館や博物館、動物園などの公共施設の入場料の割引なども可能なほかに、ハローワークなどで身障者枠の仕事を優先的に紹介してもらうなどのメリットもあるとされています。