統合失調症

うつ病

うつ病・統合失調症などの病気で働けない時に備える生命保険の「就業不能保険」契約内容、見極めを

 病気やけがなどで働けなくなった場合に備える「就業不能保険」が注目されている。 晩婚化や未婚などで将来に不安を抱く単身者が増加。中でも、うつ病など精神疾患になることを不安に思う人が多く、保険会社が相次いで商品を販売している。 ...
うつ病ニュース

レキサルティ、双極性障害Ⅰ型のP3試験開始−大塚製薬とルンドベック社

主要評価項目はYMRSスコアのベースラインからの変化 大塚製薬株式会社とデンマーク・H.ルンドベックA/S社は10月12日、抗精神病薬「REXULTI(R)(レキサルティ)」(一般名:ブレクスピプラゾール)の双極性障害Ⅰ型におけるグローバ...
統合失調症

統合失調症で障害年金3級を受給する方法。重要なのは診断書の内容です。

統合失調症などの精神疾患において、障害年金1級や2級を受給するのはかなり難しいとされています。しかし、障害年金3級であれば、ポイントさえ抑えれば比較的容易に受給する事が可能です。統合失調症で障害年金3級を受給するためには、医師とのコミュニケーションが不可欠です。障害年金は一度書類を提出して、不支給になると、決定を覆す事はほぼ不可能です。万全の準備をしてから、医師に診断書作成の依頼をしましょう。
うつ病

障害年金を貰える精神疾患の種類と金額

障害年金受給の対象となっている精神疾患としては、アルツハイマー病の認知症、老年性精神病、血管性認知症、アルコール使用・飲酒による精神及び行動の障害、統合失調症、躁病、双極性感情障害(躁うつ病)、うつ病、気分[感情]障害、不安障害、強迫性障害<強迫神経症、重度ストレスへの反応及び適応障害、解離性[転換性]障害、てんかんなどがあります。
統合失調症

統合失調症で障害年金を受給するには、しっかりとポイントを押さえておこう!

日本では、統合失調症に悩んでいる人が少なくありません。およそ100人に1人弱がかかる病気で、日本には70万人以上いると厚生労働省が発表しています。あまり知られていませんが、統合失調症の患者は認定基準を満たしていれば、障害年金を貰うことができます。障害年金を申請する上で大切なの事は、正しい情報を正確に医師に伝えることです。
うつ病

独り言が多いマネージャー病はうつ病の兆候かも!

うつ病の症状における独り言は、慢性的なストレスから来るものであり、危険な兆候と言えます。特にサラリーマンで出世したとたんに独り言が増える場合は、「マネージャー病」かもしれません。うつ病による独り言は危険な兆候であるという事を認識し、身近な人にそれが見られた時はすぐにうつ病を疑うという習慣が、新たな重症者を増やさない事に繋がります。