脳の病気

うつ病

若年層のうつ病増加が深刻…働く若者を蝕む「心の病」

 働く人たちの「心の病」に関するアンケート結果が公表されました 日本生産性本部「メンタル・ヘルス研究所」は12月14日、「メンタルヘルスの取り組み...
うつ病

丸岡いずみさん(徳島・美馬市出身) うつ病に関する新著刊行「 休むことも生きること」紹介

 徳島県美馬市出身で元日本テレビキャスターの丸岡いずみさんが、うつ病に関する2作目の著書「休むことも生きること」(幻冬舎)を発表した。自身の体験だけではなく、医師への取材に基づくチェックリストや治療薬の有効性を盛り込んだ。丸岡さんは「常備薬...
うつ病

うつ病と統合失調症の違いと見わけ方のポイント

うつ病と統合失調症はどちらも脳の病気なのですが、一般的には心の病と言うカテゴリーに分類されます。うつ病でも統合失調症でも周りから見ていると、違いがはっきりせずに同じように見える事があります。「コミュニケーションが困難になる」「入浴など日常的な事が出来なくなる」「心配性になるなど精神的に余裕がなくなる」「意欲の低下」などはどちらにも共通して起こり得る症状です。
うつ病

うつ病は「脳の病気」と言う医学界の常識が日本で広まらない理由

うつ病は心の病気と言われていますが、医学的には脳の病気と言う見解が有力です。 厚生労働省のポータルサイト「みんなのメンタルヘルス」でも、「うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。」と記載されています。「メンタルが弱い」「気の持ちよう」や「怠けているだけ」と言った偏見が多いですが、うつ病を脳の病気と捉える事により、より早期に症状を改善する事が可能になります。
うつ病

「うつ病が治らない」と言う人に欠けているたった一つのマインド

フェイスブックやツイッターなどのSNSを見ていると「うつ病が治らない」と苦しんでいる人を多く見かけます。うつ病は医学的には決して治らない病気ではないにも関わらず、多くのうつ病の人は治すことが出来ません。実はこの人達には、共通している間違ったマインドがあります。それは、「うつ病は心の病気」と言う間違った考え方です。