過眠

うつ病

寝たいのにどうしても眠れない「うつの不眠」の原因と対策

私たちが普段生活をする上で、食事や運動と同じように必要とされているのは十分な「睡眠」です。 十分な睡眠を確保する事で、精神、身体という面でのライフケアを行う事が出来、日常で使うエネルギーを確保する事が出来ます。 人間でだけでなく...
うつ病

うつ病で眠気がひどい症状の原因と対処法。別の病気が隠れているかも・・・

にあります。眠気の原因はいろいろとありますが、まず1つとしてうつ病ということで夜に眠れない時のために睡眠薬を処方されており、その作用がまだ残っているために眠いということがあります。またはその他の薬の副作用によって眠気を感じてしまうということもあります。うつ病が原因となっている睡眠障害や自律神経の乱れ、過眠症、睡眠時無呼吸症候群などの可能性もあります。
うつ病

うつ病の睡眠障害はセロトニンと自律神経の乱れが主な原因

うつ病で起きる可能性がある睡眠障害は、主に5つの症状に分かれていて、入眠障害、熟眠障害、中途覚醒、早朝覚醒強い眠気を感じて長時間寝てしまう過眠があります。強いストレスや慢性的な疲労はうつ病を招くきっかけになりますが、それと同時に自律神経を乱す原因にもなります。また、脳内ホルモンであるセロトニンは睡眠を取るために必要ですが、それが減少している事で睡眠障害になる可能性が高いのです。