適応障害

うつ病

適応障害とうつ病の違いは?原因が解決した時に治るかどうかがポイント

うつ病と似ている病気に「適応障害」があります。適応障害とは、環境の変化に心身が適応できない時に発症します。抑うつ気分、不安感、自殺企図、疲労感、倦怠感などうつ病同じような症状が出る事が多いと言われています。しかし明らかにうつ病と適応障害とに違いが出る瞬間があります。それは、病気の原因となった出来事が解決した時に、症状が収まるかどうかです。
うつ病

障害年金を貰える精神疾患の種類と金額

障害年金受給の対象となっている精神疾患としては、アルツハイマー病の認知症、老年性精神病、血管性認知症、アルコール使用・飲酒による精神及び行動の障害、統合失調症、躁病、双極性感情障害(躁うつ病)、うつ病、気分[感情]障害、不安障害、強迫性障害<強迫神経症、重度ストレスへの反応及び適応障害、解離性[転換性]障害、てんかんなどがあります。