金額

障害年金

精神における障害者年金の金額 は?診断書の簡易無料チェックも行っています

精神疾患による障害者年金の金額は、①障害基礎年金②障害厚生年金のどちらかによって異なってきます。障害年金は、初診日に厚生年金に加入していた人の方が手厚く保障されています。また、1級と2級とはそれほど金額が変わるわけではありませんが、2級と3級とでは障害者年金の金額の差は大きくっています。
躁うつ病

双極性障害で障害年金を受給する方法と注意点について。比較的受給しやすい双極性の特徴

双極性障害で障害年金を受給する方法と注意点について。比較的受給しやすい双極性の特徴。障害年金だけを考えると、双極Ⅰ型の方が受給しやすいと言えます。一般的にうつ病や双極性障害では、障害年金1級に認定されることはほとんどありませんが、双極Ⅰ型で重症のケースでは1級もあり得ます。「不支給」になると、取り返しのつかない事になるので、申請は慎重にする事が大切です。
うつ病

うつ病で受給できる障害年金の金額と計算式をご紹介。2級と3級で大きな違いがあります。

うつ病になると障害年金を受給出来る可能性があります。障害年金の金額は、初診日に国民年金に加入していたか、厚生年金に加入していたかで大きく異なります。障害基礎年金の場合、1級で990,125円、2級では792,100円になり、これに子の加算金額が加わります。一方、障害厚生年金の計算式はかなり複雑です。
うつ病

障害年金を貰える精神疾患の種類と金額

障害年金受給の対象となっている精神疾患としては、アルツハイマー病の認知症、老年性精神病、血管性認知症、アルコール使用・飲酒による精神及び行動の障害、統合失調症、躁病、双極性感情障害(躁うつ病)、うつ病、気分[感情]障害、不安障害、強迫性障害<強迫神経症、重度ストレスへの反応及び適応障害、解離性[転換性]障害、てんかんなどがあります。
うつ病

うつ病で障害年金3級は難しい?障害年金2級はマニュアルが必須!

うつ病で障害年金は難しいと言われていますが、障害年金3級であればこの記事を読んで頂ければコツが分かります。しかし障害年金2級を受給したい場合には、マニュアル動画を見る事をおすすめします。障害年金は認定されると種類や等級にもよりますが、毎年50万円~250万円程度の金額受け取れるので、知識を身に着けてから申請しましょう。