障害基礎年金

うつ病

うつ病で受給できる障害年金の金額と計算式をご紹介。2級と3級で大きな違いがあります。

うつ病になると障害年金を受給出来る可能性があります。障害年金の金額は、初診日に国民年金に加入していたか、厚生年金に加入していたかで大きく異なります。障害基礎年金の場合、1級で990,125円、2級では792,100円になり、これに子の加算金額が加わります。一方、障害厚生年金の計算式はかなり複雑です。
障害年金

障害年金の仕組み(障害基礎年金)と支給金額

障害基礎年金とは国が運営している社会保障制度で、一定の障害状態にある事が主な条件で条件を満たす事で年金を受け取る事ができるという制度です。認定される障害は1級と2級にわかれておりそれぞれ重度によってもらえる年金額に違いが出るような仕組みとなっています。
うつ病

うつ病で障害年金3級は難しい?障害年金2級はマニュアルが必須!

うつ病で障害年金は難しいと言われていますが、障害年金3級であればこの記事を読んで頂ければコツが分かります。しかし障害年金2級を受給したい場合には、マニュアル動画を見る事をおすすめします。障害年金は認定されると種類や等級にもよりますが、毎年50万円~250万円程度の金額受け取れるので、知識を身に着けてから申請しましょう。