3級

躁うつ病

双極性障害(躁うつ病)で障害年金1級~3級を受給する認定基準とマニュアル

双極性障害(躁うつ病)とは 双極性障害(躁うつ病)は気分障害と言われる精神障害です。 うつ病では抑うつ状態だけですが、双極性障害では気分がハイになる躁状態と、気分がふさぎこんでいる時のうつ状態とが交互に現れる難治性の精神疾患です。 ...
障害年金

精神で障害者年金3級を受給するための注意点。「就労」がポイントに・・・

うつ病などの精神疾患になった時に、障害者年金を申請したけれども「不支給」とされて3級にも認定されないケースは数多くあります。実は多くの精神病患者は間違った認識を持っているために、本来であれば3級の症状があるにも関わらず障害者年金3級を受給出来ずにいます。精神疾患は身体障害と異なり、障害者年金の受給要件を満たすかどうかの境目が非常に曖昧になっているからです。
統合失調症

統合失調症で障害年金3級を受給する方法。重要なのは診断書の内容です。

統合失調症などの精神疾患において、障害年金1級や2級を受給するのはかなり難しいとされています。しかし、障害年金3級であれば、ポイントさえ抑えれば比較的容易に受給する事が可能です。統合失調症で障害年金3級を受給するためには、医師とのコミュニケーションが不可欠です。障害年金は一度書類を提出して、不支給になると、決定を覆す事はほぼ不可能です。万全の準備をしてから、医師に診断書作成の依頼をしましょう。
うつ病

うつ病で受給できる障害年金の金額と計算式をご紹介。2級と3級で大きな違いがあります。

うつ病になると障害年金を受給出来る可能性があります。障害年金の金額は、初診日に国民年金に加入していたか、厚生年金に加入していたかで大きく異なります。障害基礎年金の場合、1級で990,125円、2級では792,100円になり、これに子の加算金額が加わります。一方、障害厚生年金の計算式はかなり複雑です。
統合失調症

統合失調症で障害年金を受給するには、しっかりとポイントを押さえておこう!

日本では、統合失調症に悩んでいる人が少なくありません。およそ100人に1人弱がかかる病気で、日本には70万人以上いると厚生労働省が発表しています。あまり知られていませんが、統合失調症の患者は認定基準を満たしていれば、障害年金を貰うことができます。障害年金を申請する上で大切なの事は、正しい情報を正確に医師に伝えることです。
気分変調症

気分変調症で障害年金は貰えるのか?難しいですが、障害年金3級なら可能性はあります!

気分変調症は、生活が出来ない程深刻化する事は少ないですが、就労するのが難しい人もたくさんいます。しかし、一般的には気分変調症で障害年金を受給するのは非常に困難とされています。正直私でも、気分変調症で障害年金2級を受給させるのはほとんど不可能です。しかし、障害年金3級であれば、方法はあります。