1. TOP
  2. うつ病
  3. うつ病に苦しんだ“皇帝”アドリアーノが復帰を示唆「もう一度プレーしたい」

うつ病に苦しんだ“皇帝”アドリアーノが復帰を示唆「もう一度プレーしたい」

 2017/10/13 うつ病 うつ病ニュース
この記事は約 3 分で読めます。 94 Views
サッカー

かつてインテルなどで活躍し、“皇帝”のニックネームで親しまれた元ブラジル代表FWアドリアーノが、現役復帰を示唆したようだ。ブラジルメディア『Globo』がそのインタビュー内容を報じた。

 今年5月にNPSL(ナショナル・プレミア・サッカー・リーグ/4部相当)のマイアミ・ユナイテッドと契約を解除後は無所属の状態となっていたアドリアーノ。一時はブラジル・リオデジャネイロで最も危険とされるスラム街の1つ、ファベーラで生活している姿が報道され、現役復帰は難しいと予想されていた。

 同メディアのインタビューでアドリアーノはまず、「父が死んだ後、僕はこのうつ病のトンネルに閉じ込められた。僕はそこから出ることができなかったよ。(当時所属していた)インテルで心理的なサポートを受けていたんだ。しかし、うつ病は僕が考えていたよりもずっと大きな問題だった」と、うつ病に悩まされていたことを明かした。

「ブラジルに戻って2006年にサンパウロに加入した。そしてジョゼ・モウリーニョが僕をインテルに戻そうとした。しかし以前のようにいかなかった。昔ほど僕は強くなかったんだ。もう海外でプレーする精神的な強さは持っていなかったよ。家族と一緒にいたいと思ったんだ。家族のおかげで僕は本当の暗い道を歩くことはなかったんだ」 

 うつ病から逃れるため過度な飲酒や、暴力沙汰など様々な問題を起こしていたアドリアーノ。現在は事実上の現役引退と見なされているが、“どん底”を経験したアドリアーノは再び現役復帰の願望を抱いているようだ。

「僕は長い間プレーしていないが、体はできているよ。もう一度プレーしたい。クラブがなくてもトレーニングに戻りたいんだ。自分の限界を克服することができるという証明するためにね。それ(トレーニング)は僕がまだプレーできるかを実感できる唯一の方法だ」

記事の感想

アドリアーノと言えば、世界中のサッカーファンが知っている、超有名人。

それが、いつの間にか現役から退いて、アルコールや暴力沙汰などの問題を起こしていた。

原因となったのは、父の死によるうつ病。

プロスポーツ選手と言えば、精神的な強さは誰よりも持っているはず。

それでも、うつ病地獄からは簡単には抜け出す事が出来ないんです。

>>うつ病になった有名人はこちら!

しかし、アドリアーノは前向きにひたすら生きているとの事。

私も重度のうつ病ではありますが、前向きに出来る事を一心にやっていき、いつか克服したいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

サッカー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。