1. TOP
  2. うつ病
  3. うつ病診断用の酵素量産 HMT・東洋紡、研究用試薬を販売へ

うつ病診断用の酵素量産 HMT・東洋紡、研究用試薬を販売へ

うつ病 うつ病ニュース 障害年金
この記事は約 3 分で読めます。 264 Views

慶応大学発ベンチャーのヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)と東洋紡は、うつ病の診断で、バイオマーカー(体内指標物質)の測定に使う酵素の量産技術を確立した。東洋紡が11月からHMTに供給し、HMTは下期中に研究用試薬キットを製造・販売を開始する。

HMTは、うつ病を血液のリン酸エタノールアミン(PEA)の濃度を測る検査で簡便に診断する検査法を開発しているが、濃度測定には特定の分析機器が必要だった。このため、医療機関や分析機関にある汎用分析機器でも測定可能な、酵素を使う研究用試薬キットの開発を進めていた。

東洋紡との共同研究で、キットで使う酵素の量産技術を確立、供給を受けることになった。HMTは研究用試薬キットを下期中に発売、18年度から幅広く研究機関へ販売していく計画で、体外診断用医薬品開発へと進める。

うつ病患者は世界に3億2000万人いるとされる。

診断は専門医の問診が中心だが、HMTは血液中のPEAの濃度とうつ病に関連があることを発見、迅速簡単な診断法の実用化を進めていた。

 

ついに、血液検査でうつ病が客観的に判断出来るように!

これまでもうつ病の血液中の成分EPAを測定する手法を取り入れてきたHMTですが、研究用試薬キットを2017年下期中に販売する事になりました!

まだ、PEAを測定するには保険診療となっていませんが、今後研究が進み、正確度に問題が無ければ保険適用になると思われます。

 

私が想像していた以上よりもかなり早く、検査キットを発売出来るようになったので、本当に驚きと興奮をしています!

 

うつ病患者は日本だけでも100万人を超えると言われていますが、この検査方法はおそらく世界に通用するものです。

 

うつ病で一番つらいのは、周囲の人からの偏見や不理解ですよね。

 

それが、血液検査で簡単に判明して、重症度も分かれば、周りからの理解も得やすくなります。

 

一方、懸念する事としては、障害年金などの判定に利用されないかという事です。

 

PEAの正確度は9割と言われていますが、逆に言うと残りの1割は間違っているという事です。

>>PEAに関する記事はこちら!

 

そのため、幾ら正確度が高くても、完全に信用してしまうのはリスクがあります。

 

日本年金機構の認定医がPEAの数値を参考に、障害年金の等級を判定する事は避けて欲しいですよね。

 

公的機関はあくまで参考程度にとどめて欲しいものです。

 

>>うつ病の障害年金に関する記事はこちら!

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。