1. TOP
  2. うつ病
  3. ホンダ子会社の店長自殺 会社側が謝罪し解決金支払いで和解。12月に労災決定した事例

ホンダ子会社の店長自殺 会社側が謝罪し解決金支払いで和解。12月に労災決定した事例

うつ病 うつ病ニュース 仕事
この記事は約 3 分で読めます。 143 Views
自動車

おととし、千葉市の自動車販売店の店長だった男性がうつ病になり自殺したのは労働時間の増加が原因だったとして、遺族が会社に対し賠償などを求めた裁判で、会社側が解決金を支払うことなどで和解が成立しました。

おととし、大手自動車メーカー「ホンダ」の子会社「ホンダカーズ千葉」の千葉市の販売店で、店長を務めていた48歳の男性がうつ病になり、懲戒解雇され自殺しました。

男性は部下の残業を減らそうと代わりに仕事を抱えていたと見られ、労働基準監督署は去年、自殺は労働時間の増加が原因だったとして労災と認定しました。

自殺をめぐって遺族は、会社に対し1億3000万円余りの賠償などを求めて千葉地方裁判所で裁判が続けられていましたが、原告の弁護士によりますと、会社側が男性の自殺は店長として心理的・身体的負荷を受けた結果で、安全配慮義務を怠っていたとして、懲戒解雇を無効とするとともに遺族に謝罪し解決金を支払うことで17日、和解が成立したということです。

男性の妻は、「夫と二度と会うことも声を聞くこともできずつらく悲しい日々が続いていくことは変わらないのです。会社としての在り方を改めて考え、二度とこのようなことが起こらないように改善していただきたいと思います」などとコメントしています。

一方、ホンダカーズ千葉は「心よりおわび申し上げるとともに、お悔やみ申し上げます。労務管理の研修体制をさらに強化し、職場環境の改善に取り組んで参ります」などと話しています。

12月に労災認定された事例

ホンダカーズ千葉の店長がうつ病で自殺した事例ですが、12月に労災決定した記事も載っていました。

>>ホンダカーズ千葉 部下の残業減らすため仕事増で自殺の管理職 労災認定

会社としては、「これから改善して、もう二度と同じ過ちを繰り返さない」と言う事が大前提になるのですが、うつ病の私から見ると「遅すぎるんだよ!」と言いたくなります。

部下の残業を減らすために、店長に無理をさせていた事は、会社としても認識できたことですし、ましてうつ病を発症して働けなくなったから解雇をするなんて言語道断ですよ。

会社のために身を粉にして働いてきた人を、病気になったら平気で切り捨てるなんて常識では考えられないですよね。

おそらく、この男性は、家族もいるのに、自分が病気で仕事を失ってしまった絶望感の中、自殺をしてしまったんです。

そして、どれだけ会社が改善をしたとしても、この男性が生き返る事はないんです。

奥さんが旦那さんに会う事は、もう二度と出来ないんです。

日本にはホンダカーズと似たような事をしている会社が数えきれないほどありますが、この記事からしっかりと教訓を得て欲しいと願います。

パワハラ、セクハラ、過重労働などでうつ病を発症すると、人生が大きく狂ってしまうんですよ。

自殺をしたら、もう二度と取り返しはつかないですし、生きていたとしても地獄のように苦しい日々が待っているんです。

人間として尊重される仕事環境を今すぐ整えて下さい!!

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

自動車

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。