不当なリストラで年収800万円から200万円に…うつ病で再就職も困難な39歳男性

リストラされて職を失った男性 うつ病

 夫婦どちらかにトラブルがあっても、それを支えるパートナーの存在が既婚世帯の強み。会社の不当なリストラにあいながらも、献身的な妻に支えられた男性の例を紹介する。

外出は“ほぼゼロ”のもぐら生活を送る

 このご時世、会社にしがみつければ好転することもある。が、会社に居場所を失い、再就職も困難になってしまったら……。原田尚彦さん(仮名・39歳)のケースを見ていこう。

 大手IT会社の正社員として年収800万円。学生時代から交際していた現在の奥さんと結婚した原田さんだが、8年前、状況がガラリと変わる。

「高齢の上司が認知症でボケたのか、僕が経理の不正をしているとか、あらぬ難癖をつけてリストラしてきた。当然、解雇不当裁判で争いましたが、これが長引いて4年近くかかりました」

 裁判の過程で原田さんはうつ病を発症する。こうなると再就職先を探す気力もない。満身創痍の原田さんを支えたのは、奥さんの献身的な介護だった。

「現在はSIMフリー携帯をネット販売する在宅ワークを手がけています。口に糊をする日々で、ようやく年収200万円に達したところですね」

 業務は自転車操業の連続だが、酒やギャンブルとは無縁。趣味に費やす余裕も一切ない。

「住宅金融公庫から借り入れた家のローンは残り8年。そこまで踏ん張れるかが勝負ですね」

数年前の自分を見ているようです

この記事の男性ですが、数年前の私自身を見ているような感じがしました。

3年前私の年収は740万円程ありましたが、うつ病の再発によって、仕事を失いました。

その後、うつ病をオープンにして就職活動をしましたが、年収は一番高いところでも300万円。

家族がいて、家のローンがまだ残っている状態の私にとってはどうすれば良いのか分からず、本当に苦しかったことを覚えています。

結局、非正規ながら、安定して仕事を継続出来れば、年収300万円を約束してくれたところに就職したのですが、そこもうつ病の悪化によって長期休職してしまっています。

今は、インタネットである程度の収入があるのと、障害年金を受給出来ているので、生活には困っていません。

しかし、もしも障害年金の支給が無くなったりすると、途端に生活保護を考えなければいけない生活になってしまうでしょう。

子供がいるので、イジメの原因になるような父親にはなりたくないというのが本心です。

なので、今はインタネットビジネスを軌道に乗せる事に注力をしています。

これから1年、2年経過した時に、家族全員で笑って過ごせるように、今を頑張ります!

コメント