1. TOP
  2. うつ病ニュース
  3. 長時間労働でうつ自殺 札幌の男性 遺族が会社と和解。日本データサービス

長時間労働でうつ自殺 札幌の男性 遺族が会社と和解。日本データサービス

 2017/10/14 うつ病ニュース
この記事は約 2 分で読めます。 423 Views
怒っている男性

札幌市の男性会社員=当時(28)=が自殺したのは、新入社員なのに経験が必要な業務を担当させられ、長時間労働でうつ病を発症したのが原因として、男性の両親が建設コンサルタント「日本データーサービス」(札幌)に慰謝料など約9700万円の損害賠償を求める訴訟を起こし、札幌地裁(武藤貴明裁判長)で13日、和解が成立した。同社は、使用者の責任を認め、賠償金の支払いと、再発防止策の徹底を約束したという。

 男性の両親と原告代理人の後藤徹弁護士(札幌)が記者会見で明らかにした。賠償額は公表していない。

 訴状によると、男性は東京の設計事務所で2年間の勤務経験を経て、2014年4月に日本データーサービスに入社。半年後に札幌市立中をモデルに学校施設の長寿命化にむけた設計業務などを任された。通常は建築設計10年以上の経験者の指導を受けるが、男性は実質的に1人で従事。上司や先輩社員から適切な助言などを得られず、長時間労働を強いられたという。

 

ブラック企業で頻繁に問題になっているのが、この手の手法です。

経験がない人間に対して、役職などを与えて無理やり長時間労働と責任を負わせると言ったものです。

本来であれば新入社員は右も左も分からない状況なので、しっかりと教育をしていくべきなのに、逃げ場をなくして追い込んでしまう。

本人は責任を感じて「自分は無能な人間だ」と思い込んでしまい、悲観して自殺にまでなってしまう。

 

人が一人死ぬという現実をもっと重く受け止めてもらいたいです。

まだ28歳と言う若さで、これから結婚や子育てなど人生を楽しむチャンスが十分にあったのに、それが出来なかった無念。

 

賠償額は発表されていないとの事ですが、お金で解決できる問題ではないですよね?

人の命を奪ったのですから、「会社は命をもって償え!!」と言いたいです。

 

日本データサービスの体制が良くなったかどうかは分かりませんが、日本中の他の会社も絶対に同じ過ちを犯さないで欲しいです。

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

怒っている男性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。