2017-06

うつ病

老人性うつ病の症状と接し方、治療時の注意点について

老人性うつ病は、配偶者の死・仕事をリタイアしてやることがない・趣味と呼べることがない・癌など治療が難しい病気にかかる・子供の独立など環境の変化によるストレスで発症する事が多くあります。老人性うつ病の接し方は、家族が理解を示して、休ませすぎないないようにしながらコミュニケーションをしっかり取りながら治療をする事が望ましいと言えます。
うつ病

子供が出すうつ病のサインと対処法について

子供のうつ病は大人とは少し違う特徴と注意点があります。子供のうつ病は親や友達との関係が原因で発症することが多いです。親や友人の目を気にして、自分がどう思われているのか常に気にしてしまったりすると、子供の自尊心に影響を及ぼします。いじめなどを受けて、心に深い傷を負う事で、発症するケースも増えてきています。
うつ病

うつ病の症状には発熱がある!ストレスと「感情の高ぶり」による発熱

うつ病の症状の中に心因性発熱と言う症状があります。ストレスがかかると自律神経が過剰に働き、体内の白血球がウィルスや細菌攻撃しますが、その時に炎症を起こす事でを発熱します。また、感情の高ぶりから発熱する時もあります。怒りや悔しさと言った負の感情を持っていると、これ以上傷つかないように自営本能が働くのですが、この時に体が発熱します。