2017-06

うつ病

失恋でうつ病になる人の5つの特徴と対策方法

失恋をした事がきっかけでうつ病を発症する事もあります。 うつ病になるきっかけとして良くあるのが「近親者を失う」事です。 失恋の場合、相手が亡くなる訳ではないですが、生きているのに会えないと言う心の葛藤はものすごいものがあります。 ...
うつ病

大学生に多いうつ病の特徴と対策方法。1年生と4年生は特に注意が必要

大学生になると、親元を離れて一人暮らしをする人が多くなります。環境が変わるだけでなく、食生活や睡眠リズムも大きく変化するので、些細な事がきっかけでうつ病を発症しやすくなります。大学生の場合、うつ病を発症しやすいのは1年生と、4年生になります。うつ病の症状を自覚した時は、一人で悩まずに大学の機関や医療機関などを積極的に活用してみましょう。
うつ病

うつ病は家族の対応が改善の決め手になる。

うつ病になると、家族の対応が大きなポイントになってきます。 脳の病気であるうつ病を「怠けているだけだ」「甘えるな」と言う接し方をしていると、うつ病は悪化の一途をたどり、やがて自殺と言う最悪の結果にも繋がりかねません。 うつ病の家族に...
うつ病

うつ病になると物忘れが酷くなる。記憶力低下を招く原因と対策

うつ病ではセロトニンの減少と海馬の委縮によって物忘れが激しくなると考えられます。物忘れをしてしまう事は、うつ病の悲しい宿命とも言えます。記憶力が悪いとそれだけで、「仕事が出来ないヤツ」と言うレッテルを貼られてしまいます。物忘れが酷いと思ったら、まずはそのことを自覚して、対策を立てる事が大切です。
うつ病

思春期うつ病って何?子供に襲い掛かる深刻なうつ病

思春期うつ病は、10代の思春期(青年期)にかかるうつ病の事です。基本的には、大人のうつ病と同じですが、大うつ病よりも新型うつ病(非定型うつ病)の症状が出る子供が多いと言われています。また、症状に関しても、責任感・不安感・焦燥感と言った精神的なものよりも、身体的症状を現わす事が多いのが特徴です。親がしっかりとサポートをして、異常を感じたら出来るだけ早期に医療機関を受診するようにしましょう。
新型うつ病

新型うつ病に効果的な治療とは?治らない病気ではありません

新型うつ病は治療方法がないと言われています。しかし、幾つかの方法を組み合わせる事により、少しずつですが改善させる事は可能です。まず新型うつ病を治療する上で大切な事は、「多少、強引に行う」という事があります。従来のうつ病では、無理はしないようにしなければいけませんが、新型うつ病では多少の無理をしなければ良くなりません。