労災

うつ病ニュース

「殺すぞ」上司からの連続的なパワハラで自殺…裁判で「労災不支給」が覆った理由。阪神高速道路の闇

阪神高速道路の交通管理会社で働いていた男性(当時24歳)が自殺したのは、上司のパワハラが原因だとして、遺族が国に労災不支給決定の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は9月29日、上司のいじめでうつ病を発症したと判断し、労働基準監督署...
うつ病

「王将」社員、「パワハラでうつ病」労災申請 酸化サラダ油使い続け健康被害、LINEいじめも 広島

「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市)の社員で、広島県廿日市市の店舗で勤務していた男性(55)が、周囲からのパワハラなどで鬱(うつ)病を発症したとして、9月に廿日市労働基準監督署へ労災申請していたことが13日、男性への取材で分...
うつ病

1時間以上「辞めろ」…上司が退職強要、うつ病に 消防士パワハラで行田市を提訴。

埼玉県の行田市消防本部で上司から退職を強要されてうつ病になったとして公務災害の認定を受けた同市の30代男性消防士長が、同市に慰謝料など約1117万円の支払いを求め、さいたま地裁に提訴した。 原告側は11日、さいたま市内で記者会...
うつ病

パワハラや過重労働でうつ病になったら労災申請手続きを!

うつ病で労災認定される件数は年々増加していますが、割合的には決して高くはありません。仕事に起因するうつ病は相当数いますが、労災を申請する人はほとんどいないのが現状ですまた、精神状態が不安定な中で会社を敵に回す事にもなりかねない労災は、ハードルがかなり高く、しんどい作業になります。会社が労災の手続きに前向きであれば、申請をした方が良いですが、そうでない場合は弁護士に依頼をするのが良いでしょう。
うつ病

リラックスして脳回復させるうつ病の過ごし方10選!食生活・運動・休養が大切。

うつ病になると、日中の過ごし方次第で回復度合いが変わってきます。自律神経を整えて、副交感神経を優位にするためにはリラックスさせることが大切です。リラックスする事で、うつ病によって低下した脳の機能が早く回復します。特にこれまで仕事で無理をしてきた人にとっては、心身をゆっくり労わる大切な時間になるので、意識して取り入れるようにしましょう。