自律神経失調症

うつ病

障害年金を貰える精神疾患の種類と金額

障害年金受給の対象となっている精神疾患としては、アルツハイマー病の認知症、老年性精神病、血管性認知症、アルコール使用・飲酒による精神及び行動の障害、統合失調症、躁病、双極性感情障害(躁うつ病)、うつ病、気分[感情]障害、不安障害、強迫性障害<強迫神経症、重度ストレスへの反応及び適応障害、解離性[転換性]障害、てんかんなどがあります。
うつ病

うつ病と自律神経失調症の違い。どちらも早期の治療が大切!

自律神経失調症と間違われやすいのがうつ病です。ほとんどの項目でうつ病と類似しているので、混乱するかもしれませんが違う病気です。大きな違いとは何かというと、うつ病は主に心に症状が出るのに対して、自律神経失調症は体に症状が出ることが多いのです。自律神経失調症を治療しないで放置しておくと、やがてうつ状態になり、更に悪化するとうつ病に発展してしまう事があります。