アルコール

うつ病

寝たいのにどうしても眠れない「うつの不眠」の原因と対策

私たちが普段生活をする上で、食事や運動と同じように必要とされているのは十分な「睡眠」です。 十分な睡眠を確保する事で、精神、身体という面でのライフケアを行う事が出来、日常で使うエネルギーを確保する事が出来ます。 人間でだけでなく...
うつ病

うつ病で処方される睡眠薬の種類と覚えておきたい注意点5つ

日本では20人に1人が睡眠薬を使用していると言われています。特にうつ病の場合、「抗うつ剤」「安定剤」「睡眠薬」は当たり前のように処方されています。睡眠薬は、医者が処方してくれるものになりますので、一見して安全のように思えます。もちろん、正しく服用をすれば、問題はありませんが、事前に身体にどのような効果をもたらしてくれるのか、注意点は無いのかなどを理解しておく必要があります。
うつ病

うつ病でアルコール依存症が併発する危険。お酒でごまかすのはダメ

うつ病では抗うつ薬や抗不安薬などの治療薬を用いますが、アルコールの作用によって、これらの治療薬の効き目を弱めてしまうのも心配な部分です。治療薬が効かずにうつ病の症状は良くならず、症状を紛らわそうとしてお酒を飲み続け、その量も頻度も増していくと、症状が深刻な状態にまで進んでしまい、最悪の場合には自殺を考えてしまうという悲しい結果に陥るケースも少なくありません。