デメリット

うつ病

うつ病で入院治療するメリット・デメリット。自宅療養が一番良いのですが・・・

うつ病で入院治療する必要は通常ありません。と言うのも、入院したからと言って、自宅で治療するのと基本的には内容が同じだからです。ただ、入院した方が①生活リズムを整えられる②自殺を予防する事が出来る③大きなストレスをかけないで済むと言うメリットがあります。逆に入院治療では、①入院費用がかかる②小さなストレスが多い③周囲の患者の影響を受けやすいと言うデメリットも存在します。
うつ病

意外に知らない、うつ病で障害者手帳を取得するメリット・デメリット

障害者手帳を取得すると、各種税金、NHK放送受信料の免除やバスや電車などの運賃の割引をしてもらうことが可能です。その他には、携帯電話料金の割引や美術館や博物館、動物園などの公共施設の入場料の割引なども可能なほかに、ハローワークなどで身障者枠の仕事を優先的に紹介してもらうなどのメリットもあるとされています。