交感神経

うつ病

高層ビル女子、出張女子…日本を通過する低気圧は年間100個!「低気圧女子」の処方せんとは?

各地から紅葉の知らせも届き、深まる秋。だが、季節が進むなかで、どんより空から雨が降り出しそうな時や、逆に天候が回復していく時、“気圧や気温の変化”が、個人差はあるものの、体調や気分に影響したことはないだろうか。  例えば、関節痛、むく...
うつ病

うつ病の動悸はストレスホルモン「コルチゾール」と自律神経を整える事で改善

うつ病になると、心臓がバクバクと音が聞こえるくらいに動悸が激しくなる人がいます。普段から動悸が激しい場合は自律神経の乱れとストレスホルモン「コルチゾール」による影響が考えられます。うつ病において、ストレスのコントロールは、認知行動療法が有効と言われていますのが、動悸が止まらない場合は一度取り入れる事をおすすめします。
うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。
うつ病

2週間続くとうつ病のサイン?目覚ましよりも早く起きる早朝覚醒

うつ病の兆候にはさまざまなものがありますが、特徴的なものの一つに早朝覚醒があります。早期覚醒というのは、前の晩それほど早寝をしたわけではないのに、目覚ましが鳴るよりも早く起きてしまう状態を指します。早朝覚醒は、不自然な目覚め方が特徴的なだけに、うつ病の兆候のなかでは比較的気付きやすいものとも言えます。