入院

うつ病

うつ病で入院治療するメリット・デメリット。自宅療養が一番良いのですが・・・

うつ病で入院治療する必要は通常ありません。と言うのも、入院したからと言って、自宅で治療するのと基本的には内容が同じだからです。ただ、入院した方が①生活リズムを整えられる②自殺を予防する事が出来る③大きなストレスをかけないで済むと言うメリットがあります。逆に入院治療では、①入院費用がかかる②小さなストレスが多い③周囲の患者の影響を受けやすいと言うデメリットも存在します。
うつ病

入院を考慮するうつ病の状態とは?自殺や環境リスクで判断を

うつ病の中には入院を余儀なくされるような重い症状のケース、一方、うつ病の症状自体はそこまで重くないものの、環境がうつ病の治療に適さない場合に入院をすることがあります。環境が悪い時、薬物療法で効果が出ない時、電気けいれん療法を受ける時、自殺のリスクが高い時などは入院をする事でうつ病治療に専念をします。
うつ病

うつ病で医療保険・生命保険は適用される?うつ病でも加入できる生命保険は?

うつ病でも医療保険は適用されますが、注意したいのが「うつ病の通院治療には使えない」ということです。生命保険にも「入院によって支給される」という条件があれば、うつ病治療のための入院でも給付金を受け取れる可能性はあります。申請する事に抵抗を感じてしまうかもしれませんが、うつ病になると治療費や生活費などお金が必要になってくるので申請する事をおすすめします。