労災

うつ病ニュース

男性の自殺、労災認める=職場でいじめ、遺族が逆転勝訴―大阪高裁。自殺してからじゃ遅いんですよ!

阪神高速道路の子会社に勤めていた神戸市の男性=当時(24)=がうつ病で自殺したのは職場のいじめが原因だとして、父親が国に対し、労災と認めなかった処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が29日、大阪高裁であった。 佐村浩之裁判長は、請求を棄...
うつ病

パワハラや過重労働でうつ病になったら労災申請手続きを!

うつ病で労災認定される件数は年々増加していますが、割合的には決して高くはありません。仕事に起因するうつ病は相当数いますが、労災を申請する人はほとんどいないのが現状ですまた、精神状態が不安定な中で会社を敵に回す事にもなりかねない労災は、ハードルがかなり高く、しんどい作業になります。会社が労災の手続きに前向きであれば、申請をした方が良いですが、そうでない場合は弁護士に依頼をするのが良いでしょう。
うつ病

うつ病で休職・退職しても安心の傷病手当金

うつ病を患って就労が不能だと医師に判断されれば、診断書を取って提出することで加入する健康保険から給料の約67%を傷病手当金として受給することができます。但し注意点があって、退職した後に病院にかかっても一円も傷病手当金は支給されません。 支給が開始されてから最長で1年6ヶ月傷病手当金を受給できますので、現金での給付があると分かれば安心して療養に専念することができます。
うつ病

リラックスして脳回復させるうつ病の過ごし方10選!食生活・運動・休養が大切。

うつ病になると、日中の過ごし方次第で回復度合いが変わってきます。自律神経を整えて、副交感神経を優位にするためにはリラックスさせることが大切です。リラックスする事で、うつ病によって低下した脳の機能が早く回復します。特にこれまで仕事で無理をしてきた人にとっては、心身をゆっくり労わる大切な時間になるので、意識して取り入れるようにしましょう。
うつ病

うつ病になってもお金に困らない6つの方法

まず現実的なことから向きあうことになりますが、うつ病になることでお金は減ります。 外傷を負うわけではないですが、脳に病を抱えるのがうつ病ですから、仕事が今までみたいに手につかなくなります。働くこともままならない状態だと、収入は減っていく事になりますが、支出だけは変わりません。むしろ医療費などの負担は増えるので、お金に困窮します。