抗うつ剤

うつ病

初回抗うつ薬治療無効患者、増量療法に意味はあるか

多くのうつ病患者は、最初の抗うつ薬単独療法に十分反応しない。 そのため、次の治療手段として、投与されている抗うつ薬の増量(漸増、高用量)がしばしば行われる。 オーストリア・ウィーン医科大学のMarkus Dold氏らは、うつ病へ...
うつ病

うつ病で薬は飲まないのは医学的にどうなの?依存症もあるけど

うつ病になると、山のように薬を処方されますよね。 正直、精神科が出す薬を飲むのに抵抗があるのは誰しも少しは感じている事ではないでしょうか?実際、薬を飲んでも副作用がキツクて、独断で飲まなくなる人、周りから反対されて、断薬する人。飲み続けて、依存症になってしまうために飲まない人はたくさんいます。
うつ病

妊娠中にうつ病の薬を飲む3つのリスクと回避方法

妊娠中はお腹の赤ちゃんの健康を守るために、薬を飲むことが制限されます。 うつ病の薬も同様で、妊娠中に服用を禁止されているうつ病の薬があります。 もし、妊娠中に服用を禁止されているうつ病の薬を飲んだ場合には、お腹の赤ちゃんに悪影響が及...
うつ病

うつ病で手が震える・・・「振戦」の原因と対策法

うつ病では気分が沈むという精神的症状だけでなく、手がプルプルと小刻みに震えてしまうことがあります。この震えは振戦という名前の症状で、じっとしているとき、動いてる時によっては微妙に表れかたが違ってきます。うつ病のストレスや不安、緊張状態が続いた時に手の震えとして症状が出て、日常生活に支障が出るようであれば薬物療法を行います。
うつ病

うつ病で吐き気があると、本当に気持ち悪い・・・原因と対処法をご紹介

うつ病によって吐き気を催す原因には、ストレス・セロトニンの減少・便秘・抗うつ剤の副作用・偏頭痛・治療があります。少しでも気分が悪い、吐きそうだという症状があったら早めに主治医に相談して処置してもらう必要があります。場合によっては吐き気止めの薬(プリンペラン、ナウゼリンなど)を処方してもらう事も可能です。うつ病で服薬している薬との相性もあるので、薬局で市販されている薬をのむのではなく、医師の診断に委ねましょう。
うつ病

うつ病から回復へのゴールデンルール!発症から回復までの道のり

日本には現在100万人を超えるうつ病患者がいると言われていますが、薬を飲めば治ると言った単純なものではありません。そのため、回復方法を間違ってしまうと、何年もうつ病に悩まされる事になるので、注意してください。回復に向けてのポイントは「薬を正しく飲むこと」「睡眠をしっかり取る事」「ストレスを溜めない事」「無理をしない事」「可能な範囲で太陽の光を浴びたり、散歩をする事」が重要です。