接し方

うつ病

職場でうつ病の人との接し方はどうすれば良い?上司と部下の関係は微妙

うつ病は以前は特別な人だけがかかる病気というイメージがありましたが、今では職場にうつ病の人が一人や二人はいることが当たり間になってきました。 うつ病で仕事を休職する人もいますが、症状が良くなったり、休職するほど病状が深刻でない場合には...
うつ病

老人性うつ病の症状と接し方、治療時の注意点について

老人性うつ病は、配偶者の死・仕事をリタイアしてやることがない・趣味と呼べることがない・癌など治療が難しい病気にかかる・子供の独立など環境の変化によるストレスで発症する事が多くあります。老人性うつ病の接し方は、家族が理解を示して、休ませすぎないないようにしながらコミュニケーションをしっかり取りながら治療をする事が望ましいと言えます。
うつ病

うつ病の接し方|大切な人を守るためにあなたが出来る事

大切な家族や恋人、友人がうつ病になってしまった場合、その患者を支えて回復をサポートするのは周りにいる人々の役目です。うつ病は外見だけでは気が付きにくい病気ですので、初期の段階では病気を発症する前と同じような接し方をしてしまうことが多くなります。うつ病患者にしてはいけない接し方は、患者の考え方や行動を否定することです。