睡眠薬

うつ病

うつ病で薬は飲まないのは医学的にどうなの?依存症もあるけど

うつ病になると、山のように薬を処方されますよね。 正直、精神科が出す薬を飲むのに抵抗があるのは誰しも少しは感じている事ではないでしょうか?実際、薬を飲んでも副作用がキツクて、独断で飲まなくなる人、周りから反対されて、断薬する人。飲み続けて、依存症になってしまうために飲まない人はたくさんいます。
うつ病

うつ病で処方される睡眠薬の種類と覚えておきたい注意点5つ

日本では20人に1人が睡眠薬を使用していると言われています。特にうつ病の場合、「抗うつ剤」「安定剤」「睡眠薬」は当たり前のように処方されています。睡眠薬は、医者が処方してくれるものになりますので、一見して安全のように思えます。もちろん、正しく服用をすれば、問題はありませんが、事前に身体にどのような効果をもたらしてくれるのか、注意点は無いのかなどを理解しておく必要があります。
うつ病

うつ病の睡眠障害はセロトニンと自律神経の乱れが主な原因

うつ病で起きる可能性がある睡眠障害は、主に5つの症状に分かれていて、入眠障害、熟眠障害、中途覚醒、早朝覚醒強い眠気を感じて長時間寝てしまう過眠があります。強いストレスや慢性的な疲労はうつ病を招くきっかけになりますが、それと同時に自律神経を乱す原因にもなります。また、脳内ホルモンであるセロトニンは睡眠を取るために必要ですが、それが減少している事で睡眠障害になる可能性が高いのです。