精神疾患

うつ病ニュース

うつ病など精神疾患で教員休職 依然として高水準に

 うつ病などの精神疾患で休職した公立学校の教員が2016年度は4891人となり、依然として高止まり傾向にあることが27日、文部科学省の調査でわかりました。  公立小中高校や特別支援学校など、管理職を含む教員約92万人を対象に、休職者や...
障害年金

精神疾患で障害年金を申請する時は、医師任せにすると取り返しがつかないので注意!

うつ病や統合失調症、躁うつ病などの精神疾患にかかると、障害年金を受給できる可能性があります。障害年金を申請するおすすめのステップとしては、①初診日を確定させる②年金事務所に行き、必要書類を受け取る③医師に診断書作成依頼をする④病歴・就労状況等申立書を作成する⑤その他必要書類を取り寄せる⑥年金事務所に全ての書類を提出するです。
うつ病

障害年金を貰える精神疾患の種類と金額

障害年金受給の対象となっている精神疾患としては、アルツハイマー病の認知症、老年性精神病、血管性認知症、アルコール使用・飲酒による精神及び行動の障害、統合失調症、躁病、双極性感情障害(躁うつ病)、うつ病、気分[感情]障害、不安障害、強迫性障害<強迫神経症、重度ストレスへの反応及び適応障害、解離性[転換性]障害、てんかんなどがあります。