精神障害者

うつ病

精神障害者の採用、売り手市場に 雇用義務化前に動く。法定雇用率が2.0%から2.2%に

障害者の採用に大きな変化が起きています。うつ病や発達障害などを抱える精神障害者の採用に企業が取り組み始め、一部では「売り手市場」ともいえる状況が出てきているのです。何が背景にあるのでしょうか。  まず、2018年4月から法律が変わりま...
うつ病ニュース

精神障害者、雇いやすくする特例措置 厚労省、2018年春から

 厚生労働省は22日、企業が精神障害者を雇用しやすくする特例措置を来年4月から設けることを決めた。身体障害者や知的障害者に比べ、職場に定着しにくい精神障害者の働き口を確保しやすくする狙い。  従業員のうち一定割合以上の障害者の雇用を事...
うつ病

うつ病で就職する前に知っておきべき6つの真実

うつ病者が就職活動を行うステップには、「医師の承認を得る」「クローズ就労かオープン就労かを決める」「正社員雇用か契約社員、アルバイトなど雇用形態を決める」「履歴書・職務経歴書を作成する」「ハローワークに行って求人を探す」「エージェントに登録する」「書類選考⇒面接⇒内定」があります。いずれもうつ病が就職する上で大切な事です。
うつ病

うつ病だと再就職が不利になる?難しい再就職の壁を突破する方法

うつ病の認知度が上がる一方で、国内では再就職において不利になることも事実です。まずは、うつ病の改善には長い休暇が必要であることです。退職してから再就職するまでの期間が長い程、書類選考や面接で落とされる可能性は高くなります。もちろん、2度、3度再就職を繰り返していくと、書類すら通らないでひたすらハローワークに通うだけの日々になってしまいます。