自律神経失調症

うつ病

うつ病と自律神経失調症の違い。どちらも早期の治療が大切!

自律神経失調症と間違われやすいのがうつ病です。ほとんどの項目でうつ病と類似しているので、混乱するかもしれませんが違う病気です。大きな違いとは何かというと、うつ病は主に心に症状が出るのに対して、自律神経失調症は体に症状が出ることが多いのです。自律神経失調症を治療しないで放置しておくと、やがてうつ状態になり、更に悪化するとうつ病に発展してしまう事があります。
うつ病

見落とすと危険!うつ病に隠れた4つのストレス

現代ではうつ病になる人が増えていますが、主な原因はストレスだといわれています。 ストレスというと周囲の人たちとの関係などに悩まされる精神的な要因だと捉えがちですが、実はそれだけが要因ではありません。確かに精神的な面は心身に大きな影響を与え、うつ病だけでなく自律神経失調症のような厄介な病気を引き起こすこともありますので注意しなければなりません。
うつ病

2週間続くとうつ病のサイン?目覚ましよりも早く起きる早朝覚醒

うつ病の兆候にはさまざまなものがありますが、特徴的なものの一つに早朝覚醒があります。早期覚醒というのは、前の晩それほど早寝をしたわけではないのに、目覚ましが鳴るよりも早く起きてしまう状態を指します。早朝覚醒は、不自然な目覚め方が特徴的なだけに、うつ病の兆候のなかでは比較的気付きやすいものとも言えます。