自律神経

うつ病

高層ビル女子、出張女子…日本を通過する低気圧は年間100個!「低気圧女子」の処方せんとは?

各地から紅葉の知らせも届き、深まる秋。だが、季節が進むなかで、どんより空から雨が降り出しそうな時や、逆に天候が回復していく時、“気圧や気温の変化”が、個人差はあるものの、体調や気分に影響したことはないだろうか。  例えば、関節痛、むく...
うつ病

温泉のプロが厳選、「うつ病」に効果がありそうな全国の4つの温泉

現代人なら誰がなってもおかしくないと言われる「うつ病」。 しかし、その病気のメカニズムについてはまだ解明されていない部分が多くあります。 メルマガ『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』の著者で、自身も長年...
うつ病

うつ病の動悸はストレスホルモン「コルチゾール」と自律神経を整える事で改善

うつ病になると、心臓がバクバクと音が聞こえるくらいに動悸が激しくなる人がいます。普段から動悸が激しい場合は自律神経の乱れとストレスホルモン「コルチゾール」による影響が考えられます。うつ病において、ストレスのコントロールは、認知行動療法が有効と言われていますのが、動悸が止まらない場合は一度取り入れる事をおすすめします。
うつ病

リラックスして脳回復させるうつ病の過ごし方10選!食生活・運動・休養が大切。

うつ病になると、日中の過ごし方次第で回復度合いが変わってきます。自律神経を整えて、副交感神経を優位にするためにはリラックスさせることが大切です。リラックスする事で、うつ病によって低下した脳の機能が早く回復します。特にこれまで仕事で無理をしてきた人にとっては、心身をゆっくり労わる大切な時間になるので、意識して取り入れるようにしましょう。
うつ病

うつ病の睡眠障害はセロトニンと自律神経の乱れが主な原因

うつ病で起きる可能性がある睡眠障害は、主に5つの症状に分かれていて、入眠障害、熟眠障害、中途覚醒、早朝覚醒強い眠気を感じて長時間寝てしまう過眠があります。強いストレスや慢性的な疲労はうつ病を招くきっかけになりますが、それと同時に自律神経を乱す原因にもなります。また、脳内ホルモンであるセロトニンは睡眠を取るために必要ですが、それが減少している事で睡眠障害になる可能性が高いのです。