運動

うつ病

若者がジャンクフードを食べ過ぎると「うつ病」になりやすいと研究者主張

ジャンクフードと言えば我々が大好物の食文化であり、ファーストフード、スナック菓子、コーラなどありとあらゆる大好物がジャンクフードとされております。そんなジャンクフード、薄々「コレはカラダに悪いんじゃないか」と感づき始めているわけですが、実は...
うつ病

うつ病の予防のカギは運動・睡眠~休日の睡眠がいつもより2時間以上長ければ<寝不足>

 2014年に行なわれた患者調査によると、うつ病を中心とする気分障害の患者数はおよそ112万人――。  また、少し古いデータになるが、2002年~2005年に行なわれた疫学調査によると、日本の成人人口をおよそ1億500万人とすると、2...
うつ病

1週間のうちたった1時間の軽い運動がうつ病の予防につながる(国際研究)

 ジョギングはもちろん、定期的に軽く外を散歩するだけでも心と体の健康に良いという研究結果は数多くされている。  これに関してまた1つ新たなる調査結果が届けられた。膨大なデータを解析した結果、週に1時間、何らかの運動をするだけでうつ病の...
うつ病ニュース

うつ病から抜け出す簡単な方法が見つかる!でも、運動は・・・

オーストラリアのシドニーにあるニューサウスウェールズ大学のサミュエル・ハーベイ氏らが、ノルウェーの住民の健康状態に関する大規模な観察結果を分析し、うつ病から抜け出すための比較的安全で簡単な方法を発見した。 ニューサウスウェールズ大学の...
うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。
うつ病

「動きたくても動けない!」うつ病の鉛様麻痺とは?

うつ病の症状として、「動けない」と言うものがあります。新型うつ病の重要な症状の一つが鉛様麻痺です。体がだるいと言うのを通り越して、全くと言って良い程体を動かせなくなります。この鉛様麻痺は精神的なストレスとも関係が深く、嫌な事があると症状が出やすいと言われています。うつ病で体が動かない人は、軽めの運動、入浴、睡眠をしっかり取ることで、解消しましょう。